【四国巡礼】 5日目 四万十→東京
 さて、今日は最終日です。やっぱり移動距離が長いとだんだん疲れが溜まってきて、温泉でも癒せないゾーンへ突入していきます。特に昨日はいきなり全力疾走を4回もしたということもあり、太腿で筋肉痛を確認しました。さらに携帯の目覚ましでは起きる事ができず、部屋の目覚ましで起きるも2度寝してしまい、あっさり朝食開始時間をオーバー、20分過ぎた頃に部屋に電話がかかってきて、慌てて朝食場へとむかいました。まあ普通の朝食をあとに、最後の温泉に浸かり、最後の一日が始まります。

 本当は沈下橋から四万十川への飛び込みもやってみたかったんだけど、飛び込める橋がわからない&昨日に比べて気温が一気に下がっていて川に入ったら風邪引きそうということもあり、沈下橋のある風景を写真で撮りまくりました。行った橋は長生沈下橋、中半家沈下橋、上岡沈下橋、若井沈下橋、一斗俵沈下橋。最後の一斗俵のころから雨が降ってきて、いろんな角度で撮影できなかったのが心残りですが、総じて特徴のある橋で、見ているだけで面白いですね。いくつかは老朽化が進んでいて、車はもちろんのこと歩行者も制限している沈下橋がありました。橋の継ぎ目に段差があるから、確かに危険です。
 んで、高知西部で唯一まわっていなかった37番:岩本寺に向かいます。ここは本尊が不動明王、聖観世音菩薩、阿弥陀如来、薬師如来、地蔵菩薩と5つもある珍しいお寺。駅から近いということもあってか、ここは駐車場代が取られます。帰りに下の和菓子屋でお菓子を3種類ほど購入。

 国道沿いに何故か2件讃岐饂飩屋が続いていたので思わず店に入りました。前回大きな店じゃなかったから初めて気づいたのだけど、めんつゆが生ビールのあの蛇口から出てくるなんてビックリ。セルフの饂飩屋なんですが、最初うどんが出てきたときに「あれ、かけうどんなのにつゆ入ってねーなー」と思ったのもつかの間、店員さんがつゆはそこで入れてくださいねー、と。幸いにも私とほぼ同タイミングで入ってきた客が手馴れた姿でうどんを最終形にしていったので、それに倣って饂飩を作り上げました。
 帰り道の国道では何度も歩き遍路さんとすれ違いました。雨が降っても歩き遍路には関係ないのね。様々な苦難を乗り越えて88箇所まわったら、最初が如何にミーハーな動機でも、終わることにはやってよかったと思えるのではないでしょうか。しかもその度合いは車よりもはるかに大きいはず。

 今日はあまり書くことがないなー。本当は最後に鰹の塩タタキが食べたかったのですが、時間がなくてパス。お土産買って、飛行機乗って、京急乗って、JRで無事我が家へ到着。荷物の片付けや洗濯等、これから大変だー。
 因みに明日は休み明けそうそう休日なのに仕事です。
[PR]
by hidemite | 2008-10-31 21:10 | 四国巡礼
<< 【選択】 向き合うこと 【四国巡礼】 4日目 足摺岬→... >>