【電話】 詳細不明

 一通りメシを作って食って、食器洗った後の出来事。

 私は、携帯電話の着信ランプがついている事に気づいた。

 どうやら気付かない内に電話がかかってきたらしい。

 だが、着信履歴には090で始まる無味乾燥な11桁の文字のみ。

 どうやら電話帳に登録している人ではなさそうだ。

 右下には伝言メモのマークが残っていた。再生をしてみる。


 男の声だ。




 「あー、大久保ですけど
  今日の10時半からの打ち合わせ、11時からにしてもらえないでしょうか
  よろしくお願いします。それでは失礼します。」














 …






 …誰?







 てか、 あんたに宜しくも失礼もされるいわれはありませんけど。

 ついでに言えば、俺、泣く子も黙る070よ。

 PHSという名前も知られているか怪しい世の中、

 よほどのことがない限り掛け間違えはないはずだと思うのですが。





 この留守電を聞いたのは11時半。

 遅らせてもらった打ち合わせ時間もとっくに過ぎています。

 その後、大久保さんからは電話はかかってきません。

 彼は無事打ち合わせを完遂することができたのでしょうか。

 まあ、私には一生関係ないことな筈です。






 …これで、明日「お前昨日の打ち合わせ来なかっただろう」と言われたら、

 自分の記憶力のなさに、退職願を出そうかと思います。
[PR]
by hidemite | 2006-09-05 01:35 | 日常
<< 【回想記014】 備後落合 【適性】 を診断してみよう >>