【電池】 HYBRID W-ZERO3(WS027SH)のバッテリ
 世の中がスマートフォン一色になりつつある今、私はその開拓者となったウィルコムのW-ZERO3シリーズを愛用している。今ではiPhoneやAndroidが世の中を席巻しているが、ほんの数年前はWindowsMobile(現WindowsPhone)とBlackberryが主役の座を争っていた。パソコンを使っていたユーザからすると、そのままwordやexcelのデータが見られるので楽だったが、ガラケーユーザにとっては馴染めないもので、それほど普及はしなかった。いつしか自分の持っているスマートフォンは、皆からしてみれば「それってスマートフォンなんですか?」と聞かれるものになってしまった。

 そんな時代のなかれに残された、WILLCOMのHYBRID W-ZERO3を使いつづけてもう何年経過したかわからないが、このところバッテリの持ちが非常に悪くなっていた。1日何も使っていなくても、夜にはバッテリ切れの警告が出てくる。よくよくバッテリを見ると、ちょっと膨らんでいる。こりゃダメだと思って、替えのバッテリを購入することに。ネットで探すと、どこも在庫があと数個という状態で売られていた。WILLCOMショップヨドバシ.comに置いてあった純正品は、4,300円と高かったので、amazonに置いてあった互換製品を購入したが、今では品切れになっていたのでamazonにも純正品しか置いていない

 SIMを入れ替えれば使えるので、予備として本体はもう1台中古で購入している。ボタンの効きが悪くなった時は、分解して使えるようにした。今ではスマートフォンっぽい本体でダイヤルキーが付いている機種が殆ど無く、PHS回線を使える機種に至ってはゼロ。ナンバーポータビリティが使えるようになりそうだけど、携帯電話の料金も高いので、この2機種が使えなくなるか、魅力的な機種が出るまでは、いまの電話を愛用しようと思う。
[PR]
by hidemite | 2014-03-11 19:57 | W-ZERO3
<< 【食器】 すずがみ 【歌】 世代の壁 >>