【値上げ】 回数券か、ICか
 きのうに引き続き、値上げネタ。鉄道運賃も4月から値上げとなり、切符よりもICカードの乗車の方が運賃が安くなるが、私は普段回数券を使うことが多いので、回数券とICカードの乗車で、どっちが得なのか計算してみた。

 東京メトロ170円区間 1700円/11枚=154.5円
 ICカードの支払い 165円

 東急電鉄130円区間 1300円/11枚=118.2円
 ICカードの支払い 124円

 JR140円区間 1400円/11枚=127.3円
 ICカードの支払い 133円

よって、まだまだ回数券のほうに分があるようだ。

 また、回数券は3か月有効で、3月中に買った回数券は区間内なら追加料金が不要ということで、今のうちに必要な分を買っておけば、もっと得をするということになる。

 ところで、JR東日本の新運賃表のページを見ると、ところどころIC乗車のほうが切符よりも高い記述が見られる。

 1~3キロ 切符140円 IC144円  16~20キロ 切符320円 IC324円

 このほか、31~35、46~70、91~120キロなど、切符よりもICが2~4円高い。これは「幹線」と呼ばれる区間の乗車運賃の場合で、山の手線内や電車特定区間では、必ずIC乗車の方が安くなるそうだ。後でJR東日本の別のページを見たら切符よりもICが高い場合がある、とちゃんと説明していた。さらに、子どもの運賃でも切符は10円未満切り捨てなので、切符のほうが安い場合があるらしい。

 これまでのテレビや新聞の話だと、ICのほうが安いとばかり伝えられているけど、JRとしてはそうもいかない場合がある。消費税の計算を厳密にやっているからなのかもしれないけど、これはちょっと混乱するよなぁ。
[PR]
by hidemite | 2014-03-05 18:05 | 日々思考
<< 【古】 HDMIのない液晶テレビ 【値上げ】 缶ジュース130円時代 >>