【再出発】 手術後4週間、再び大地に着く
 先週装具のための足型を取ってから1週間、自分の足の形に合わせた装具が出来上がった。アキレス腱を初めて切った時にwebを見ていたらいろんな装具が出てきて、こうしたものを付けるのかなと思っていたら、ギプスで終わって拍子抜けしていた記憶がある。が、結局再断裂で付けることになった。

 この装具、自分の足の形に合わせて作られているので、まさにピッタリ。しかし、足が動かないように固定しなければならないので、ベルトできつく締めなければならない。足の甲の上と下に2点、そして脛の上のほうに1点の計3点でがっちり足を固定する。これで足と装具が一体化。そしておそるおそる大地に立つと、難なく立てる。

 前回の保存治療の最後あたりで、ギプスに踵を付けた状態(ギプスヒール)で歩くことができたが、それと同じような状況。しかし、前回と違うのが、足に角度がついているということ。まだ足を直角にできないので、女性のヒールのように踵が高くなっている。この踵の部分は6層に分かれていて、1週間毎に1枚ずつ取り外して角度を徐々に直角に戻していく、ということをやっていくのだ。必然的にこの装具は6週間履くことになる。

 それにしても、この装具は簡単な作りなので、このまま道路で歩くことができず、カバーを履くのだが、そうなると左足がものすごく長くなる。装具で6センチ、カバーで2センチくらいだろうか。だから、両足が大地につけるといっても、ものすごく歩きづらいのだ。また、地味に坂道が辛い。結局足の角度は固定されているので、自由に曲げられるのは膝まで。膝に負担がかからないといいのだが。
[PR]
by hidemite | 2013-09-26 22:37 | アキレス腱断裂
<< 【アキレス腱治療】 手術後6週間 【再出発】 手術後3週間 >>