【再出発】 手術後2週間
 毎日包帯を外してシャワーを苦労なく浴びることができるのはすごく楽である。しかし、足の角度が深くならないよう常に気をつけなければならない。ガシガシ洗って大丈夫とはいうものの、やはり傷口がダメにならないかは心配である。医者は傷跡は綺麗になるというが、まだ手術の後は生々しく残っている。すぐ消えるとは思っていないけど、どれくらい期間がかかるのだろうか。

 そして毎日包帯を外して自分の足を見ると、明らかに細くなっている。特に気になるのが足の脛。ふくらはぎのあたりは足の裏側だけでなく、表側も少し膨らんでいるのだが、定規を当てたかのような綺麗な直線になっている。まさに骨と皮だけ。これは足が細いことや傷口が残っていることよりも自分にとってはショックだ。

 きのうでちょうど手術から2週間経ったということで、きょうから簡単なリハビリをおこなうという。リハビリとはいっても、床に座って足に負担がかからない程度に足首を曲げることなのだが、これが本当に曲がらない。一応自分の意志で足を手前に曲げることはできて、アキレス腱を切った時よりはコントロールできている感覚があるのだが、あまりの微動だにしない足を目の当たりにすると、本当に地面につけるようになるのだろうかと心配になる。

 ところでギプスを外してわかったことだが、今まで痛いと思っていた傷口の痛みは、実は傷口ではなく、手術した中のほうだった。確かに筋肉を剥がして腱に持って行っているんだから、違和感がないほうがおかしいんだよな。体勢によってはピリピリした痛みが走る。そしてずっと座っていると、むくみに加えて、ふくらはぎが縮んだような感じになり、足を水平にする時にゆっくり伸ばす必要がある。

 やはり自然治癒と手術ではかなり勝手が違う。ギプス固定はむくみにこそ気をつけなければならなかったが、それほど痛みを感じることはなかった。手術は、気がつけば弱い痛みを感じたり違和感があったりと、治りかけているのか無理しているのかがわからないところが難点だ。

 それにしても、最初の断裂から2ヶ月半以上経ち、あまりの松葉杖使いの長さで、事情を知らない会社の他部署の人間が「治りが遅いね」という。その度に「実は再断裂しまして・・・」と話す自分が虚しい。そろそろ現実逃避が近くなってきました。
[PR]
by hidemite | 2013-09-13 19:31 | アキレス腱断裂
<< 【再出発】 手術後3週間 【抜糸】 手術後11日 >>