【入院】 再断裂治療 4日目
 相変わらず寝付けない。きのうも11時過ぎに最後の点滴を終えて眠りにつくも、数時間で目が醒めてしまう。消灯時間を過ぎているので当然電気を灯けることもできないから、ヒマ潰しもできない。そこから2回目の眠りにつくまでにどれくらいの時間を要しただろうか。昼にやることがないと思っている時以上にやることがないので、いつもの何倍もの時間に感じてしまう。そしてやはり6時の起床時間には「起こされる」のだ。

 きょうも1日3回の点滴を受ける。きのうから動き回っていて、意識せずに左手で身体を支えているせいか、時々点滴の入りが悪くなるようになった。点滴のパックから滴が落ちてこないのだ。暫くして看護師が気付き、どうするかと思ったら、点滴の入る部分をグリグリ引っ張ったりずらしたり。そんなアナログ的な・・・と思っていたら、暫くして元に戻った。点滴が終わった後は、管を取るため生食液を注入するのだが、これが冷たいので、左腕の点滴を入れている周辺の部分がヒヤッとする。これは結構気持ちがいい。

 きのうから松葉杖が解禁になったので、できるだけ積極的に動こうとしている。とはいえ、病棟はそれほど広くないし、都会の病院なので屋上や広大な庭があるわけではない。せいぜい頑張って遠いトイレに行ったり、真っすぐ行ける道をぐるっと遠回りしたり。それでも数十メートルにもならないので、普段に比べれば動いたうちにはないらないのだけど、あまり動きすぎてもいけないのでなかなか難しい。

 それでも動けば汗をかく。そして汗をかいて戻ってくるのは自分のベッドであるが、そもそも寝汗もかいている上に1日中ベッドの上で過ごすので、ベッドパッドは敷いてあるとはいえ、ファブリーズのCMのソファー級の汚さになっているだろう。しかしシーツの交換は1週間に1回となっている。ということはもともと1週間しか入院しない私は、退院までこのシーツと付き合い続けなければならないのである。一方で、尿道の痛みとも未だ付き合い続けている。これは退院までに痛くなくなるのだろうか。

 相変わらずシャワーは浴びることができず、身体を拭いているだけだが、自由に動けるようになったので、きょうは髭剃りをした。入院前に剃ってからおよそ5日ぶりである。電動カミソリを使わない人なので、T字のカミソリで髭を剃りたかったのだ。口元もスッキリ。あとは洗髪、明日看護師にお願いしてみようかな・・・

 抗生物質の点滴はきょうまで。夜10時の点滴を以って、点滴用の管が腕から抜かれた。徐々に退院への階段を一歩ずつ登って行っている実感が出てきたことが、これほどまでに嬉しいとは。入院期間が分かっている病気は、まだまだ楽な方だな、と実感した。とはいえ、手術した左足に痛みが残っていることだけが気になる。
[PR]
by hidemite | 2013-08-31 19:52 | アキレス腱断裂
<< 【入院】 再断裂治療 5日目 【入院】 再断裂治療 3日目 >>