【乱】 F1 2012
 今年からBS放送になったF1は、ほぼすべての試合でこれまでよりも早く放送される。今日の予選は夕方からの放送で、夜家に帰ってきて悠々と見ることができた。これは大きい。私は朝早い時間に出社しなければならなかったので、日曜の深夜に放送があると、翌日寝不足のまま会社に行くか、月曜日出社してふとした瞬間に先に結果を知ってしまってから見るという、どちらかしか選択肢がなかった。

 オーストラリアグランプリの予選では、マクラーレンが久しぶりに1,2フィニッシュをもぎ取り、なんとロータスのグロージャンが3位に入ってきた。ロータスはライコネンがQ1で敗退してしまったものの、ルノーの復活が期待されると同時に、ロータスという名前が再び上位に位置づけるという楽しみも出てきている。

 唯一の日本人選手小林可夢偉も、Q1トップタイムという驚きをもたらしてくれた。Q2で結果が出ず、新品のタイヤでグリップしなかったと述べており、相棒のペレスもギヤボックストラブルに見舞われるなど、決勝は少々不安があるが、13位スタートはまずます、ポイント獲得に期待したい。

 それよりもっと不安なのがフェラーリだ。アロンソはQ2でまさかのスピン。マッサは見所なく16番手と、往年のトップチームの見る影もない結果に終わっている。それとは対照的に、メルセデスはシューマッハが4番手、ロズベルグも7番手と表彰台を争える力をつけてきた。

 初戦とはいえ、トップ10に中堅チームが3人。レッドブルはウェーバー5位、ベッテル6位と、現時点でダントツの速さは手にできていない。決勝は様々な要因が絡んでくるが、上位チームと中堅チームの差は去年の開幕よりも縮まっているような気がするので、大混戦になりそうだ。

 2012年F1初戦。第1コーナーの飛び込みで波乱は起きるのか。初戦の栄光を手にするのは誰なのか。非常に楽しみなシーズンが、始まる。
[PR]
by hidemite | 2012-03-17 23:33 | 日常
<< 【波乱】 小林可夢偉、6位入賞! 【録画】 PT2のカスタマイズのツケ >>