【想像】 楽しむことに、時間がかかる謎
 家と会社とを往復する30分程度の時間をどう使うか。最近では専らPSPでゲームをやっているのだが、そこでふと気づいたことがある。ゲームにのめり込むのに、時間がかかっているということ。今はテレビアニメに触発されて、(いまさら)ペルソナというRPGをやっているのだけど、最初はゲームの世界観もわからず黙々とプレイしていたけど、最近ではゲームにのめり込むことができている。と気がついた時には、既にプレイ時間は100時間をゆうに超えていた。

 その昔、ドラクエやFFをやっていた子どもの頃は、初っ端からゲームの世界にのめり込んで、自分がさも主人公になったかのような気分でゲームをやっていた。別にRPGだけでなく、他のジャンルのゲームも然りである。それに比べて今は、スーパーマリオか恋愛シミュレーションゲームくらいしか、初っ端からのめり込めるゲームはない。ひとつ別の心当たりがあるとすれば、プレステが出たあたりからあまりゲームをやらなくなった、ということもある。とはいえ、暫くゲームから遠ざかっただけでこうなるとも考えづらい。

 で、この差はひとえに、想像力の欠如もしくは退化なのかもしれない、そう思ったのだ。

 思えば子どもの頃は、今考えればとてつもなく幼稚で拙いものだけど、自分自身でルールを作ってゲームを作ることさえあった。今それをやれと言われても、こうするとあのパクリになる、こうやれば話が破綻する、と勝手に自分自身で壁を作ってしまい、何にも完成しないだろう。それと一緒で、子どもの頃はゲームの世界を抵抗なく受け入れ楽しめたのに対し、今は何かが邪魔をして、純粋に楽しむことが叶わなくなっていた。

 別の角度から考えると、昔は機械の制約が多くグラフィックも充実していなかったため、自分の想像力をフルに活用させないとゲームにのめり込めなかった、という現実もあった。RPGの世界を変えたドラクエでさえも、最初は主人公がどの方向に歩こうと、常に正面しか向いていなかったのである。街のキャラクターに話しかけても、喋る言葉は毎回一緒(これは今でもそうだが)。それでも、自分で街に入り、世界を冒険したような気になれていた。今ではムービーや3D技術などが発達し、ものすごく表現力が増した。その一方で、私達が想像する機会は少なからず失われた。これも、多少影響しているかもしれない。

 こうした世の中で、いまの日本人はどれだけゲームにのめり込むことができているのだろうか。子どもはどうだろうか。ゲームは恐ろしいほどに二極化が進んでいて、かたやゲーマーと言われる領域の人しか手が出せない複雑なゲームと、一般の人が抵抗なく手が出せるケータイゲームとの落差は激しい。特に後者は手軽ということもあって、年代を問わず手を出す人が増えている。もう既に、日本人のゲーム脳は低下しているのかもしれない。

 かといって、勉強とは違って、ゲーム力を定量的に評価することは難しい。だから、どう思考を巡らせても結論は出てこないのだけど、ふと気がついた時にそんな事を考えてちょっと寂しくなった今日この頃、皆様如何お過ごしでしょうか。
[PR]
by hidemite | 2012-03-04 20:12 | 日常
<< 【主題曲】 TRUTH 【丼】 すた丼 >>