【丼】 すた丼
 品川で昼飯を食べようと思い、京急ガード下の品達でラーメンを見繕ったのだがなかなか心に響くものがなく、どんぶり屋のほうをふと見るとすた丼屋があったため、折角だからすた丼を食ってみようと思い立った。

 すた丼屋自体は、秋葉原で数年前にじゃんがららあめんの斜向かいにできたのを見ていたので、知らない店ではなかったが、そもそも秋葉原でじゃんがらいがいの昼食の選択肢はないため、すた丼屋には見向きもしない日々が続いていた。今回、このタイミングを逃すと、再びすた丼屋にめぐり合う展開は当分先のことになりそうなので、のれんをくぐることにしたのである。

 初めての入店ではあるが、少量のおかずで大量のご飯を食べることができる私にとっては、おそらく普通のすた丼では肉があまってしまう危険性がある。このため、腹も減っていた、ということもあって、プラス100円でご飯を大盛りにした。これは後に若干の後悔を生み出したが、何とか食べきることはできた。

 しかし、予想以上に美味しかったし、量も多くて満足。「たまに無性に食べたくなる味」である。ただ、この日記を書くにあたってすた丼屋のホームページを見たら、品川店だけ20円高い!なんという残念な商売方法だ。

 牛丼が300円台の世の中で、量が多いとはいえ600円もするすた丼。ただ、店舗はどんどん増えていっているので、一定の客層には受けているんだろうな。ラーメン二郎とか、天下一品のように、他店が真似できない独特のウリがある飲食店は、やはり強いと実感。

 だがしかし、品川店だけ値段が高い、というのはどうにも納得がいかない。
[PR]
by hidemite | 2012-03-03 23:59 | 日常
<< 【想像】 楽しむことに、時間が... 【小型】 小さくて安いPCケース >>