【小型】 小さくて安いPCケース
 パソコンを自作する時にいつも困るのがケース。その昔どんなスペックのパソコンでも、マザーボードの大きさはATXかmicroATXで、ケースの大きさは特大と大の2種類しかないようなものだったので、それが当たり前だったのだが、今では、そこそこ動くパソコンであればいい、というのであればmini-ITXのマザーボードでも充分なため、かなりケースの大きさを小さくすることも可能になっている。メインPCでなければそれほどマシンパワーも必要無いので、どちらかというと小型であるほうが嬉しかったりする。

 で、私自身はアルミ板から加工して作ることも多いのですが、1~2年前までは小型PC用のケースが非常に高価で、ある程度の見た目を気にしようとするとケースの値段が1万円台後半からということが大きな理由でした。数千円の安いものは、値段なりの安っぽさなので、そもそも買う気がしない。


 そんななか、先日秋葉原のソフマップを覗いたら、見た目として悪くないけど安いケースを見つけて、「ああ、俺はこういうのを待っていたんだよ」と思いました。電源がついてこないので合わせれば1万円オーバーになってしまいますが、フロントのアルミが厚く、テレビの下に置いてもそこそこ違和感のないデザイン、ケースの高さも66ミリに抑えられているので、なかなか手を伸ばせる範囲だな、と思います。ただ、残念なのはフロント出力がないこと。下の段がビデオデッキのようにパカッと開く仕組みではないので、電源ボタンとスリムドライブ用の穴しか開いていません。なんて勿体無い。

 一方で、薄さを追求するのであれば、薄さ36ミリのケースもあるそうです。A3サイズで厚さ4センチ、という大きさが受け入れられるかどうかわかりませんが、今後、小型化に加えて薄型化もひとつのトレンドになっていきそうですね。ただ、これら小型PCの残念なことは、電源がACアダプタになってしまうこと。個人的にはこれだけちょっといただけないなあ、と思います。結局ケースを加工して電源をどうやって内蔵させようか考えるのだろうなー。
[PR]
by hidemite | 2012-03-02 12:53 | PC
<< 【丼】 すた丼 【治療】 湿潤療法のわからなさ >>