【動画】 TIGER&BUNNY
 震災の影響で冬アニメが入り乱れる中、春のアニメも始まりつつある。その中で、期待に反して面白そう、と思ったのがTIGER&BUNNY。昨年、何故か日経新聞に広告を出していて注目を集めた同アニメだが、キャラクターに広告を入れるという「キャラクタープレイスメント」という手法で、8人いるヒーローのいろんな部分に企業ロゴなどを入れることができるようになっている。アニメ番組に提供しても、その時間に見てくれる人にしか伝わらないが、キャラクター自身に企業ロゴが入っていればDVDやグッズになった際にも、広告効果が見込めるというわけだ。アニメではあまり見ることのないこの手法だが、既にゲーム業界では、「龍が如く」で街の中に松屋が出てくるなど、バーチャルな空間に実際の広告効果を期待する動きが出ている。

 大抵こういう実験的な要素をやるテレビ番組は、あまりうまくいかないことが多く、ドラマとのタイアップも違和感たっぷりなことが多い。「ここからCMです」と言われて、ドラマの中の車の宣伝をされても違和感があるし、日テレの音楽番組の赤坂さんの広告も、やはり広告としての嫌らしさがつきまとう。私が唯一しっくりきているのは、テレ朝ドラマの梅の花とジャパネットたかたの2社だ。しかしこれら2つも、ドラマの話中に店や商品が出てくるわけではなく、CMにドラマのキャラクターが出てくる程度でしかない。

 なかでもキャラクターとタイアップする、ということは、ある程度アニメそのものに人気が出てこなければならない。ドラマタイアップの場合は、出演者そのものの好感度が既にあるが、アニメのキャラクターは、そのアニメで動いてから初めて評価される。だからアニメが面白くないといけない。で、やっぱり実験的な要素の強いアニメだから、いくらサンライズとはいえ、あまり面白くないんじゃないかな、と思っていた。ところがどっこい、意外とおもしろそうな予感だ。キャラクターが盛り沢山だが、展開がスピーディなので五月蝿い感じもしない。中途半端なアメコミ風、というのがどこまでうけいれられるか。

 なかでもPEPSIはキャラクターを使ったCMを作っており、一番気合いが入っているように感じられる。とはいえネットでも話題になっているが、気になるのは牛角だ。他の会社が横長の英文字ばかりな中、正方形の漢字入りのロゴは目立つ。

 まあ、1話目は特に気合が入っていることもあり、息切れしないかどうかが気になるが、折角面白そうだと思っているので、是非このまま突っ走って頑張ってくれればいいな、と思う今日この頃。
[PR]
by hidemite | 2011-04-08 01:09 | 日常
<< 【自動車】 今年のF1は楽しいかも 【無線】 DTIモバイルプラン >>