【録画】 撮っても見る時間がないなんてことは最初からわかっているんだけどさ。
 「PT2 2枚差し」と検索すると、とあるエンジンでは1番はじめに掲載されてしまうようですね・・・希望する内容になっているかどうかはわかりませんが、それが検索エンジンの良いところでもあり、悪いところでもある、と思う今日この頃、皆様如何お過ごしでしょうか。

 そんな中、2枚差しがやっぱり必要だった、となる場面が早速今週出てきました。日曜夜9時、TBSの「冬のサクラ」、フジの「スクール」、テレ朝の「松本清張・ゼロの焦点」と、地上波が3つ重なってしまうことに。ちなみにtorneではNHKスペシャルを撮っているので、やりくりができない。ということで、まだ試験運用中の2枚差しPCで録画をすることに。PT2が2枚あってよかった。とはいえ、録画したものを全部観る時間なんて、到底ないので、どんどん溜まっていくんですよね。撮ることに意味はあるのだろうか。いや、考えちゃダメだ。撮れることに意味があるんだ。

 しかし、パナの3チューナー搭載機、2TBで20万円前後とかを見ると、なんだか馬鹿らしくなってしまう(しかもスカパーHD入れて4系統なのに、「4番組同時録画」って堂々と謳っていいんでしょうかね)。放送がデジタルになってからは、PCだろうが、AV機器だろうが、素人目に大きく差が出るようなレベルにはならなくなってしまった。しかも私はPCに保存したデータをPS3で見ているので、画質はPS3に依存することになるから、十分満足できるレベルになっている。そんな環境が10万円以下で用意できるとなると、ねぇ。昔はどこのBDレコーダを買おうか、真剣に悩んでいたんだけどなー。
[PR]
by hidemite | 2011-03-06 02:22 | PC
<< 【省電力】 安いのか、高いのか 【桜】 紅茶花伝 薫る桜 >>