【漫画】 google日本語入力の出来るまで
 一度使い出すと、従来のIMEに戻れないほどの快適日本語入力を実現してくれるgoogle日本語入力の開発秘話的なものがコミックになっている。40ページ程度だが、一気に読んでも10分くらいなので、ヒマだったら是非読んでみては。個人的には33ページの二分木がちゃんと意味を持っていたので、細けーな、と感心してしまいました。

 しかし、こういう便利なものをタダで使わせてくれるとは、googleスゲーな、と思う一方で、こういったある意味で「金にならない」ソフトを開発する人のモチベーションって、どんなもんなんでしょうかね。私は趣味でフリーソフトを作っていますからたいしたことありませんが、彼らは仕事としてやっているんですものね。

 そんなことを考えない人がgoogleで仕事できるんだろうな・・・
[PR]
by hidemite | 2011-01-14 17:21 | 日常
<< 【歯】 厄介な親知らず 【十万】 述べ読者数 >>