【漫画】 最近の気になる漫画
 今更なものも含めて、最近気になる漫画。

孤高の人(坂本 眞一/ヤングジャンプ)
 同名の小説「孤高の人(新田次郎/新潮文庫)」の漫画化作品。後述する岳も含めて、山の魅力の凄さに感心してしまいます。と同時に、これから挑戦するのはなかなか難しいため、ああ、もっと若いときにこのような作品とめぐり合えていたらなあ、と悔やまれる作品です。とはいえ、私のもともとも性格からすると、ここまでストイックに生きることはできないので、途中で挫折していそうな気がします。

岳(石塚真一/ビッグコミックス)
 先ほどの孤高の人は、挑戦する姿が描かれていますが、こちらは、もろくもその挑戦が崩れ去ってしまい、帰らぬ人になることもあるという、山の本当の厳しさが描かれています。主人公が明るい性格なのであまり気にならないこともしばしばありますが、しっかり読むと、結構恐ろしいです。あと、この漫画とは全然関係ありませんが、小説では真保裕一の灰色の北壁が、これらの漫画と同じタイミングで読んでいたので、妙に傾注してしまいました。ホワイトアウトで有名な真保氏ですが、当時はあまり山の知識は持ち合わせていなかったようで、その歯がゆさもあって、今回十分な取材を行った上で書き上げたということです。

俺はまだ本気出してないだけ(青野春秋/IKKI)
 そうなんですよね。俺もまだ本気出してない、本気を出したらもっと違うんだよ、と叫びたくなってしまう自分はいつでもここにいるのですが、既に120%の力を出して生きていることに気がついていないだけで、どう考えても今以上の人生は送れないんですよね。わかっている。わかっているんだけれども、まだ本気は出せる、もっと俺には夢があるんだ、と思いたいのです。読んだ直後はちょっぴり勇気が出ます。長持ちはしませんが。
[PR]
by hidemite | 2010-04-13 23:46 | 日常
<< 【画面】 電子ペーパーの今 【肉】 たまには食べたい >>