【開業】 京成100周年
 今月の30日(火)、京成は開業100周年を迎える。これを受けて、当日に記念列車の運行をしたり、翌日から全駅記念入場券の販売を始めるらしい。記念入場券のセットは1万円だって。1000部も用意しているみたいだけど、どのくらいの人が買うのかしら。

 成田空港への乗り入れ特急「スカイライナー」を運行している京成は、来年を目処に新線を開通させ、日暮里からの時間を現行の51分から36分へと大幅に短縮させる。15分の大幅短縮になるが、これが果たして吉となるのか。実際に私は何度か成田空港へ行ったことがあるが、神奈川県在住だったこともあり、車かJRの成田エクスプレスでしか行ったことがない。そもそも日暮里まで行くのが大変なのだ。同じく東京以南の鉄道利用者は、日暮里まで行くことを考えると、JRのほうが乗り換えの手間もなく便利だと思ってしまう。成田エクスプレスはJRの鉄道網を利用し、池袋や大船、立川なんて駅からも乗車可能なので、料金さえ考えなければ非常に有効な交通手段だと思う。せめてスカイライナーが都営浅草線を通って京急に乗り入れればいいのにね。小田急とメトロの青いロマンスカーみたいに。
 とはいえ、最近は高速バスが発達しているから、今となってはそちらを使ったほうが便利だったりする。私の家の最寄り駅も、田舎のほうではそこそこ都会的な駅ということもあり、羽田・成田とを結ぶバスが出ているので最近は専らそれに頼る。車という交通の不確定要素はあるけれど、一度も乗り換えずに行けるというのは非常に魅力的だ。どうせ海外旅行なんて一大イベントなんだから余裕を持ってスケジュールを立てるわけだしね。

 そうすると、この時期にスカイライナーをリニューアルすることによってどれだけの効果が出てくるのかはちょっと疑問。特急車両はカッコいいけど、ただでさえ高価な北総線を通過するということで金額設定も気になるところ。オマケに船橋とか津田沼のこれまでスカイライナーを利用できていた人はどうなるのでしょうか。とはいえ、世の中には1分でも早く到着したい人もいるだろうし、そういったシーンもあるだろうから、役に立たないと言うわけではないんだろうけど。
[PR]
by hidemite | 2009-06-22 15:50 | 日常
<< 【科学】 サイエンスチャンネル 【夕食】 肉野菜炒めに豆腐を入... >>