【老後】 ねんきん定期便
 昨日家に帰ったら、「ねんきん定期便」というものが来ていた。

 この前は間違いがないか確認するものだったけど、
 今回は加入記録に加え、期間中に幾ら払ったかも記載されていた。

 標準報酬月額っていう、所謂支払いの基準額も載っていたけど、
 やはり3年前から変わっていない。

 これ、非常にげんなり。


 んで、別の紙には将来幾ら受け取れるかが試算されていた。

 今までの払込総額で、40万円強だってさ。

 おー、すげー、っと思ったのも束の間、

 月額じゃなくて、年額だって。


 ・・・

 おいおい、1年で40万じゃー生活できねーだろ。

 更に、げんなり。


 まあ、だいたい1/4くらいの年数払ったので、単純に4倍したら年170万くらい。

 転職とかするから、きっとここら辺まで行けば万々歳といった数字か。

 でも、国民保険とか色々考えると、貸家で過ごすのには勇気のちょっと要る金額だ。


 そう考えると、家を買うというのは、選択肢として悪くないと思った。

 よくテレビとかで生活の厳しい老人とか見るけど、ほぼ借家住まいだもんね。

 とはいえ、具体的に老後に幾らあればいいかわからないし、

 途中で死んじゃったら元も子もないので、過度に我慢して金貯めてもしょうがない。

 結局、死ぬ直前まで自分の人生がどうだったかなんてわかりゃしないんだ。



 と、意味もなく自分の老後に不安を持ってしまった今日この頃、皆様如何お過ごしでしょうか。

 これさ、若者にとっては「払うだけ無駄」って印象与えるような気がするのだが・・・

 送るだけ逆効果じゃない?
[PR]
by hidemite | 2009-06-09 12:29 | 日常
<< 【最近】 とりあえず 【流行】 踊らされるわけではないけど >>