<   2015年 06月 ( 1 )   > この月の画像一覧
【危機】 今までの自分は何をやっていたんだろう
 最近会社の人事異動で営業になった。入社13年も経って、初めての営業。これまでは事務処理をしたり、モノを作っていたりすればいいだけだったのでそれほど人生に困らなかったのだが、いままさに、この営業に来て危機を感じている。

 営業は、先方との打ち合わせがあって初めて話が進んでいく。当然先方はそれなりの年齢の人間が応対するため、ある程度の話はできると踏んで打ち合わせに臨んでくる。しかし、私は途中から引き継いだ案件で経緯も何もわかっていないから何を話したらいいかもわからないし、そもそも適当な話もできない。きっと「こいつは使えないやつだな」と思わせてしまっていることだろう。

 正直まだ慣れていないから、要領がつかめればなんとかなるかも、という希望も捨ててはいない。しかし、そもそも自分に何かがあるかというと、今まで適当に生きていたから何にも残っていないのだ。この13年間適当に生き続けたツケが今になってやってきているのだ、と思ってしまう。実際にそうなんだろう。

 もちろんサラリーマンだから、与えられた仕事はしっかりやらなければならないし、中堅どころの人間だから、それ以上の結果も出さなければならない。そのプレッシャーには耐えられるとは思っているけど、結果が伴うかは別の話である。そんなことを今から考えても仕方のないことなのだけど、それを考えてしまうような事象が、ここ数日のあいだだけでもどんどん現れてくるのだ。

 さらに、この会社をどれだけ愛せるか、この会社の商品をどれだけ愛せるか、ということも重要だが、そこと距離を置き続けている私は、商品を詳しく知っていても、愛せるほどには至っていない。まずはそこからはじめなければならない。この会社でのらりくらりと生きていくことはできるかもしれないが、居場所がなくなっていってでもそれを受け入れるか。それとも別の道を探すか。何度も今の仕事と自分の夢を天秤にかけ続けてきたけど、この先の1年間の仕事は、それを大きく左右するだけのものになると思った今日このごろ。
[PR]
by hidemite | 2015-06-16 22:40 | 日々思考