<   2013年 12月 ( 1 )   > この月の画像一覧
【アキレス腱断裂】 真・さよなら松葉杖
 足の違和感は徐々に薄まり、気を使いながらも徐々に半年前の生活に戻りつつあるが、この半年の気持ちの入れ替えはどこにいったのかと思うくらい、怠惰な生活に逆戻りしてしまった。そのくせ運動はできていないのだから、体重は増える一方で、結果的に足を全然気遣っていない生活になっている。一度気が緩んでしまうとなかなか締まらないこの性格が、今回の怪我をきっかけに是正されるかと思っていたが、やはり自分の根本にある怠惰な性格は、死んでも治らないということなのだろう。

 年内最後の病院通い。今年1年間大変お世話になりましたと思いながら、使わなくなった松葉杖を片手に駅前の商店街を歩き病院へと向かう。この松葉杖を使って何度この道を往復しただろうか。全ての体重を預けたこの相棒とは、きょうの返却を以てお別れ。6月に借りた時は3か月で返却する予定だったのに、結果としてその倍の6か月もかかってしまった。この松葉杖はタダではなく、指定業者から1日50円で借りるわけだが、きょうの返却の結果、借りた期間は181日間で9050円に上った。ただ、1回の上限が9千円と決まっているそうなので、支払いは9千円で済んだ。借りるときに既に5千円の預り金を払っていたので、追加の出費は4千円。しかし、当初の予定では預かり金の5千円のなかで済むと思っていたので、痛い出費であった。

 痛い出費を取り戻すべく保険の申請を行っていたが、病院の診断書と私の事故報告書が問題なかったせいか、すぐに保険料が支払われた。1回目の断裂で10万円、2回目の手術で10万円と7日間の入院代で7万円が支払われ、なんとか差額ベッド代も含めて保険で賄うことができた。毎年掛け捨てで払っていた生命保険に、活躍の場がついにやってきたのだ。やはり万が一の時のために、というのは、ないよりあったほうがいいんだなぁと、今回ほど実感したことはない。

 きょうの診察はものの数分だったが、ようやく医師から軽いジョギングの許可が出た。激しい運動はまだまだだけど、動いていいと許可が出たことは嬉しい。ただ、これから本格的に寒い冬が来るとなると、なかなかジョギングしようと思えるかどうか。自分との戦いが、本格的に始まる。
[PR]
by hidemite | 2013-12-21 21:41 | アキレス腱断裂