<   2012年 12月 ( 1 )   > この月の画像一覧
【F1】 日本が消えていく
 2013年のF1のシート獲得を目指していた小林可夢偉は、戦えるチームのシート獲得が不可能になったとして、2014年のシート獲得を目指していくことを明らかにした。これまで10年強のあいだ続いていた日本人の名前が、レースから消えることになる。

 車となると維持費が・・・ということになり、都心部では車を持たない人が増えている。加えて人口の減少などもあり、車が必要でない社会になってきてしまっている。こうしたこともあってか、経費のかかるF1市場から、トヨタは早々に撤退、ホンダも姿を消した。ブリヂストンをタイヤの供給を止めてしまった。

 テレビ中継も、地上波を取りやめBSに移行したのは、F1ではスポンサーが付かないためだろう。それくらい、日本のモータースポーツ人気は低いのだと思い知らされる。こうした中での小林可夢偉のシート断念。にわかF1ファンの私でもモチベーションが下がるくらいだから、国内の認知度は、さらに低くなるに違いない。

 こうしたなか、鈴鹿サーキットで行われる日本グランプリは、1年毎の契約になっていて、2013年の開催は決まっているものの、それ以降は不明である。フジテレビがBSに移行した去年は、イベントスポンサーも止めてしまったようで、英字表記の「FUJI TV」の文字は見つからなかった。

 もし、2014年の鈴鹿の開催がなくなってしまうと、F1から日本が殆どなくなってしまう。こうしたなかで、日本人としてこれまで通りF1を楽しめるのか。せめて無料のテレビ放送がなくならないようには願いたい。
[PR]
by hidemite | 2012-12-19 00:17 | 日常