<   2011年 02月 ( 13 )   > この月の画像一覧
【録画】 続・PT2
 TvTestを使った8TS同時録画はムリそう。CPU使用率が常に100%に張り付いてしまい、コマ落ちが発生する。特に、新たな録画を始めるときのアプリケーションの起動に、かなり負荷がかかるようだ。TSを録画するだけなら、そんなにCPUパワーがなくても大丈夫だと思っていたのだが・・・

 特にPtCtrl.exeのCPU使用率が半端無く高い。TvTest自体は1つあたり10%前後なのに対し、PtCtrl.exeは50%にもなる。単純計算すれば5TSでCPU使用率が100%超えるから、そりゃムリだよね。

 しかも、100%が続くと、現在搭載のファンでは賄えないことが判明。CPU温度を見てなかったのが残念だけど、おそらく熱でシャットダウンしてしまったっぽい。CPUの放熱フィンがこれまでで最高に暖かかった。とはいえ、熱くて触れないほどではなかったんだけど。

 うーん、このまま挫折への道を辿るのか・・・省電力と機能の充足との戦いは、続く。
[PR]
by hidemite | 2011-02-24 01:50 | PC
【試行錯誤】 PT2の2枚差しへの道は、意外と遠い・・・
 GIGABYTEのマザボを買ってから1週間。ようやくまともに動くようになってきた。

 結論、結構しんどい。ShuttleのSS51Gというベアボーンの筐体を使って挑戦したのだが、穴あけは覚悟していたものの、金鋸でガシガシ加工しなければならないという、結構想定外な感じになってしまった。何故そこまでこの筐体にこだわったのかというと、丁度このサイズのPCが入る棚があるのと、筐体がアルミで出来ているので非常に軽量なことがあげられる。スチールは加工もしんどいし、なにより重い。以下、試行錯誤の道のり。

・機器構成
MB GA-350N-USB3 [14,980]
 ※高いけど、しょうがない。これしかないんだもの。
MEM PATRIOT DDR3-1600 8GB(4GBx2) [7,980]
 ※メモリはオーバースペックだが、1333と300円しか違わなかったので、こちらを購入。
SSD A-DATA AS596TB-32GM-C(32GB) [4,980(中古)]
 ※OS起動用
HDD Seagate ST2000DL003(2TB,64MB) [6,780]x2
 ※データ保存用
I/F GH-EB262-C7 [約4,000]
 ※LinITX.comという海外のサイトで購入。29.06ポンド。
Tuner PT2 [16,800]x2
 ※秋葉原や、各地のドスパラならどこに行っても手に入る。通販はまだ品薄だが。

・マザーボードの大きさ
 Mini-ITXのMBは余裕で入る。が、ビス穴の位置が違う。1箇所(PS2端子側にある中程のスペーサ)は致命的にマザーボードと接触してしまうため、ニッパーなどでグリグリ引き抜いた。ゴムの支えはそのまま活用し、残りはMBの穴と同じ位置に穴をあけ、5mmのスペーサを使って固定。CPUの放熱フィンに取り付けられているファンは取り外し、12cmの低速ファン(800rpm)で全体に空気を流す。

・バックパネル
 もともとのバックパネルの形状が、専用仕様になっているので、MBに付属のバックパネルは使えない。なのでプラシートで自作。また、PS2(とUSB)端子が干渉するので、干渉部分を切り取り。さらに、オーディオ端子の右3列も干渉するので、切り取り。
b0000480_1271867.jpg


・電源
 既存の電源は、ファンが壊れているなど非常に不調だったので、JUNKで購入した100W位の電源(IBM NetVista用のMPF2303)を使用することに。ただ、MB接続用の24pinコネクタしかつながっていない&そのケーブルに変なフェライトコアが付いているので、一度ケーブルを全部抜いて接続しなおすことに。その際ケーブルが少し長かったので、数センチ切って接続。MB用の4pinとSATAHDD用の電源(x4)、PCIex-PCI変換アダプタ用のフロッピーサイズ4pinも新たに接続しました。容量は、きっと足りると信じよう。
b0000480_1263385.jpg


・PCIex-PCI変換基板(GH-EB262-C7)
 PT2 2枚差しの要、変換基板の装着で一番の難所が。あまり深く考えていなかったが、実際に変換基板にPT2を差して装着させようとすると、MBのPCIexスロットとガッツリ干渉してしまう。更に、MBのオーディオ端子群ともぶつかってしまう。このため、バックパネルのスロット切り分け部をカットし、スロットを固定する部分もカット。PT2のブラケットも外し、剥き出しに。
b0000480_1264686.jpg

 更に、オーディオ端子群とぶつかる部分はスペースが無いため、内側のPT2の裏面をプラシートで絶縁。外側のPT2の裏面も、ケースに接触する可能性があるため、プラシートで絶縁した。なおかつ、ブラケットの固定ができないため、アンテナを接続すると、重みでカードが下がってきてしまう。このためアルミ板を加工してカードが固定できるようにした。さらに、カードを持ち上げた分、変換基板が5インチベイのマウンタに干渉する事になってしまい、ここも切り取り。これで光学ドライブはスリムドライブしか搭載できなくなってしまった。
 先日も記述したとおり、GH-EB262-C7だとMBとの距離が足りないので、ATA66ケーブルから流用し、長めに加工している。
b0000480_1272480.jpg

b0000480_1265790.jpgb0000480_1264321.jpg

b0000480_1264050.jpgb0000480_1265376.jpg



・OSのインストール
 8GBのメモリと言えば、64bitOSしか手がない。なのでWin7HomePremium x64を導入。OSのインストールはまずまず。というのも、再起動がうまく出来ずに、電源を入れ直しながらのインストールになってしまった。OSインストール後、MB付属のCDでドライバをイントール。これを入れないと、LANから何から使えない。

・PT2環境の構築
 ネット上の情報を参考に、インストール。気をつけなければならないのは、64bitOSなので事前にここからup0255.rar(PT1/2 Windows64bit署名問題対策ドライバ(ドライバ署名の強制を無効にし、テストモードなしで動作可能) @猫◆tCHWINGPEI)というファイルをダウンロードしインストールしておくこと。これを入れると、デバイスマネージャに「Jungo」とう項目ができ、その下に「WinDriver(EARTH SOFT PT2)」と表示される。
 B-CASリーダ(ICカードリーダ)は、側を剥いで、基板のGND部を穴開けし、ケース内に取り付けた。MBのUSB端子はひとつをケースの前面端子に、もうひとつは世田谷電器の奥沢三丁目を使用し、ワイヤレスマウスのレシーバとB-CASリーダを接続。
b0000480_12782.jpg

b0000480_1273091.jpg


・PT2の相性問題?
 とまあ、ここまできてほぼ順調と感じられるものの、一つ懸念が。起動するときと起動しない時があるのだ。やはり電源容量の問題か?と思いつつ、PCIex-PCI基板を外すと、すんなり起動する。ではPT2か?と思い、適当なPCIカードをさすと、これも容易に起動・認識する。ではPT21枚差しは?順調だ。では他のデバイスとの2枚差しは?これも順調。・・・ということは、PT2 2枚差しの時だけトラブルが発生している。
 オイオイ、結構いろんなサイトで2枚差し大丈夫だって聞いてるぞ。ということは相性か。うーん、こればっかりはどうにもならない。1枚抜いた状態で起動してから差し直すと、Windowsでは認識してくれる。ということは、BIOS起動時の問題か・・・
 で、行き着いたのが、昔購入していたPT2 Rev.Aを2枚目として使用すること。旧マシンのRev.Aを抜き取り、Rev.Bに差し替え。で、2枚差しマシンに、Rev.AとRev.Bを差す。これでも、たまに起動することに失敗することがあるものの、大抵の場合は起動できた。何が問題なのかは、あまりよくわからない。

・CPU使用率
 アンテナ線の準備の関係で、今のところ4TSまでしか確認出来ていない。TvTestによる再生では、1TSで50%弱、2TSで80%前後。3TSはムリ。2TS+プレーヤによるTS再生も当然厳しい。まあ、そんな運用をする必要もないので、いいか。ちなみにデコーダはMicrosoft DTV-DVD Video Decoderを使用。ATI MPEG Video Decoderでは2TSの再生もおぼつかない時がある。レンダラは「VMR9 renderess」が一番軽い。まあ、1TSの再生だけなら、画質に定評のあるATIにして、renderessじゃないやつにするのが一番いいんじゃないかな。
 間違ってTvTestの64bit版を入れてしまい、RecTestが使用できないので、TvTestの画面表示なしで録画をさせたが、4TSの録画は問題なく出来た。ただ、起動時とチャンネル選択時に、CPU使用率が跳ね上がることが気になるし、4TSで40%~80%を行ったり来たりするため、8TSまで行けるのかが気になるところだ。まあ、8TS録画することは滅多にないと思うけど。

・CPU温度
 ケースを閉じた状態ではまだ計測できていないが、CPU使用率が100%のままでも、概ね50度を下回っている。また、一旦CPU使用率が落ち込めば、30度台で推移する。ただ、録画している間はそこそこCPUを占有しそうなので、さすがにファンレスは怖い&HDDの回転音もそれなりにするということもあり、回転数の低いファン1つくらいは入れといたほうがいいかなと思う。
b0000480_127243.jpg


・結論
 消費電力を測っていないのでなんとも言えないが、劇的に低いというわけでもなさそうなので、IONと同価格帯だとすると、あまり魅力はないのかもしれない。CPU性能も、劇的に良いというわけではないので、優位点とすればSATA3くらい。PT2録画マシンで、どこまでこの性能が要るだろうか。
 ただ、Mini-ITXでPT2 2枚差しとなると、PCIex+変換基板の組み合わせは必須だし、Corei3-2100Tはちょっと勿体無い感じもする(お値段も若干張る)ので、IONかFusionかということになるとおもう(Atom+NM10はPCIx1しかない)。
 今後発売されるAsrockが12,780円なので、この値段なら「買い」なんだろうなー。GIGABYTEは大抵一番乗りだけど高いんだよね。
[PR]
by hidemite | 2011-02-22 15:54 | PC
【覚書】 Reflex USB v2のドライバ
 一時期秋葉原で投げ売り状態だったスマートカードリーダ「Reflex USB v2」。XPまでは公式ドライバがあるのだが、Vista以降はノーサポートだと出てしまう。くそう。

 しかし、捨てる神あれば拾う神あり。まるで見た目が同じSCM Microsystems SCR331 Smart Cardというものがあって、こちらのドライバはWin7までサポートしてくれる。その商品紹介サイトにもリンクがあるが、ダウンロードはこちらから、Driverの5番あたりのSCR3xxxってやつを手に入れて、インストールする。

 Win7であれば、デバイスマネージャを開くと、既に「Reflex USB」云々と書いてあるので「ドライバの更新」を選択し、「コンピュータを参照」→「コンピュータ上の一覧から」で、「スマートカード読み取り装置」を選択し、「SCM Micro」のところから「SCR33x USB Smart Card Reader」をインストールさせると、ちゃんと認識されるようになる。

 しかし、デバイスマネージャで認識されたように見えても、実際には使えない。デバイスのファームウェアを書き換えないと、正式に認識されないようだ。なので、ファームウェア書き換えツールも合わせてダウンロードする。しかし、残念ながら64bit版が存在しない。ダウンロードページから、deviceで「SCR331/SCR531 CCID USB」を選択、OSで「Windows XP 32-bit」を選択、「I read・・・」にチェックし、Nextを押して進む。で、最下部にある「SCRx31CCID_fw5.25.zip」をダウンロード。その後解凍して出てくるFwUpdate.exeを実行し、なんかいろいろ聞かれるけど「OK」とか「Update」とか押していけば完了。

 忘れたときのための覚書。需要はあまりないかな。
[PR]
by hidemite | 2011-02-19 03:03 | PC
【新作】 GA-E350N-USB3
 きのう、Fusion初のMini-ITXマザーが発売になった。GIGABYTEのGA-E350N-USB3で、Amazonでは1万8000円前後、店頭では1万5000円前後。店頭で見つけてしまい、思わず購入。週末の秋葉原は争奪戦になるのだろうか。ファンレスでないのがちょっと気になるけど、後々は大きいファンを取り付ければいいかなと思っている。組み立てはこれから。
b0000480_1225246.jpg

b0000480_1225888.jpg

b0000480_1231051.jpg

[PR]
by hidemite | 2011-02-17 09:13 | PC
【歯】 踏んだり蹴ったり
 親知らず問題、昨日反対側の抜糸も終わり、一通りの作業は終了。

 まあ、まだ完全に治癒しているわけではなく、抜いたところがちゃんと塞がっていないため、

 もう少し様子を見ていかなければならないのだが、

 その一方で、新たな問題が。



 知覚過敏になってしまったようだ。



 もうね、折角歯の問題が片付いたと思ったのに、踏んだり蹴ったりですよ。

 しかも、知覚過敏用の歯磨き粉が、結構高い。千円札を出さないと買えないのだ。

 歯に悩まされる日々は、暫く続きそうです・・・
[PR]
by hidemite | 2011-02-17 09:05 | 日常
【鮪】 ホホの刺身は馬刺しみたい。
 もう今回、タイトル以上の内容はないんですけどね。まあ、写真も撮ったんで。
b0000480_438916.jpg


 ちなみに中央の鍋そのまんまのヤツは、野菜たっぷりスープです。全くかけらも見えませんが、トマトが下に入っています。見えている部分は、キャベツと辛子高菜と大根おろし。みえていない部分はトマトと豚バラ肉のちょい厚めのスライスとニンニクと玉葱とアスパラガス。普段は味噌入れて済ますのだけど、流石にトマトと味噌は合わないだろう、ということで、トマトの時だけはコンソメで味付け。なんか辛味大根が安かったので、おろしにして上にかけてみました。まずまず。

 ちなみに鮪のホホ、って焼いて食うもんだとばかり思っていたら、そこそこの品は刺身で食べられるそうで、今回刺身にして食ってみました。んでタイトル通り、ニンニクしょうがで食ったら、まさに馬刺し。噛みごたえがある感じね。うまい。

 馬刺しが幾らなのかわかりませんが、こちらの生でも食べられる鮪のホホは、三崎価格100g900円。購入した日は2割引セールをやっていたので、100g720円です。これを高いとみるか、安いと見るかは貴方次第。まあ、たまには、アリじゃないでしょうかね。東京のお店で食ったら、幾らになるんだろうなあ、と想像して食えば、それほど高いと感じないと思って納得させるのは、自分だけでしょうか。

 ただ、冷凍で買ったので、食べるためには冷蔵庫で8時間解凍しなければならない。家に帰ってからじゃあ間に合わないよ。
[PR]
by hidemite | 2011-02-14 04:48 | 料理ネタ
【録画】 PT2とGH-EB262-C7
 GH-EB262-C7というキーワードで来る人が多いので、PT2とGH-EB262-C7関連記事へのリンクを以下に。このページは購入してから自作ケーブルを作るまでの顛末を書いています。

CSの新チャンネルに対応させる

組み立ててみた

テストしてみた その2

電力を測定してみた

ケーブルの接続を頑張ってみた

1か月の消費電力を平均してみた

 既に各所で動作報告があったので、GH-EB262-C7を購入したいな、とは思っていたものの、6000円もするので、価格が下がらないものかなー、と思っていたら、LinITX.comというイギリスのサイトでちょっとだけ安く売られている、という報告も発見。送料込みでおよそ29ポンド、1ポンド130円ちょいで計算すると4000円弱。これなら万が一ダメでも、まああきらめはつくかな、と思い購入。どうせ海外だから1週間位時間かかるんだろうなー、と思っていたら、運が良かったのか、金曜深夜購入→月曜到着という神のような早さで到着した。唯一残念なのは、JCBカードが使えないこと(海外なんだから当たり前だ)。VISAで乗り切ったが、PayPalも選択肢にあればなお良かった。
b0000480_4174712.jpg


 一応プチプチ有りの封筒で届く。その中にまたプチプチでくるまれた基板が。まあ余程のことがない限り、輸送中の破損はなさそうだ。

 で、なんでこのカードを購入しようと思ったのか。過去にShuttleの小型PCを購入したが、Pentium4だったので、昨今流行りのmini-ITXにしてPT2録画PCをつくろうと思ったのがきっかけ。で、折角カードスロットが2つあるので、ならば2個搭載してしまえ、ということ。ただ、思いつきなので寸法の計算とかはしていない。いきなり5インチベイのサポート金具と干渉しているし・・・
b0000480_4231499.jpg


 ああ、ちなみにPT2のブラケットはネジ外して逆さに付け直している。こんな上下(左右?)対称なんて、アースソフトの社長、やるねぇ。バッチリはまっている。
b0000480_4252399.jpg


 しかし、ここで問題点が。というかビニールから出したときに薄々気づいていたんだよね・・・このままだとケーブルが短くて、マザーボードに届かない!
b0000480_4264119.jpg


 日本価格では+300円でこの不満も解消する13cmのバージョンが売られているのね。LinITX.comでは販売されていなかった。残念。

 で、考察すること15分。もしやこれは、ATA66のケーブルと同じじゃないか?ということで、ダメもとでATAケーブルから同じ幅の分だけ切りだして、ケーブルの両端の端子を外し、付け替えてみることに。念のため、アルミホイルでシールド。
b0000480_4312083.jpg


 さて、これで準備万端。あとはPCIexスロットのあるマザボードを購入だ!
[PR]
by hidemite | 2011-02-14 04:32 | PC
【音楽】 Internet Radio Player 1.61
 Internet Radio Playerのバージョンアップを行いました。ダウンロードは下から。

Internet Radio Playerのダウンロード(vector)

 本バージョンでは、ホームページ内のストリーミング音声の検索機能を付加しました。shoutcastなどの番組を簡易に登録できます。

 設定画面の「asx Search」タブを開き、URL欄に検索したいアドレスを入力、右の[Search]ボタンを押すと解析が始まります。ある程度の番組は検出できると思います。

 Radikoの再生が正常に行われない場合は、IEのFlashプラグインを最新のものにアップデートしてください。

 過去のInternet Radio Playerのページ
[PR]
by hidemite | 2011-02-11 04:57 | PC
【鮪】 意外な部位が。

 鮪の皮って、食べられるんだね。

 先日三崎に行った際に、昼食屋でサービス品として出てきた。

 味がないので、酢の物として出てきたけど、コリコリとムニムニの中間の食感。

 表現し辛い。わかりずらくてすいません。

 まあ、つまみとしてはアリですね。

 結構透明だけど、コラーゲンとか入っているのかしら。

b0000480_9152266.jpg

[PR]
by hidemite | 2011-02-09 09:15 | 料理ネタ
【電気自動車】 充電は問題だなぁ
 最近、何かと話題になっている電気自動車。ガソリンは要らないのでエコだよ、という利点もある一方で、1回の充電で走る距離が限られている、充電スポットが少ない、などの問題で、本当に実用的なのか、という声もある。

 ただ、本当の問題は、充電の時間そのものにある。

 というのも、先日高速のPAで充電しているシーンを見かけたのだが、高速充電器が全然高速じゃない。光が映りこんでしまいなかなか見辛い写真になってしまったが、残り20%程を充電するのに52分もかかると書いてある。ちょいと休憩処があるPAでも、30分以上居続けるのは退屈だ。これがガソリンスタンドのような、補給に立ち寄るだけという場所に置いてあっても、何をして待てばいいというのか。(ちなみにメーカー発表では0→80%の充電は30分で終わると言っている。残り20%だけが特殊なのだろうか。)

 こんな理由が当初から予想できたからか、多くの充電ステーションは駐車場に設置されている。まあ、ステーションの普及が進めば、多少は気にならなくなる可能性もあるが、それはあまり根本的な問題でないような気がする。

 ああ、なくなったから充電するか、とふと思ったときに、10分で満充電にならないのであれば、ガソリンや軽油で走る車に対してのアドバンテージは殆ど無いのではなかろうか。画面にも表示されているが、充電電力量2.4kWhは、100W電球24個を1時間つけ続けたことに相当する。これだけすごいことをしても満充電に程遠いため、かなり使用の用途は限られる気がする。

 現在は社会実験という要素もあるからか、このスタンドでは充電代金はタダだった。つまり車を買った初期費用とメンテナンスコスト以外、お金がかからない、ということになる。こういった場所を転々とすれば、の話ではあるが。

b0000480_20444597.jpgb0000480_20445729.jpg


 うーん、暫くはガソリン車でいいかな。
[PR]
by hidemite | 2011-02-08 20:45 | 日常