<   2009年 07月 ( 7 )   > この月の画像一覧
【二次元】 30歳の保健体育 第2章
 世の中は婚活がひっそりとブームになっているようですが、結局のところ一番騒いでいる世代はバブルを遠巻きに見ながらもっといい男がいるだろうと、向上心豊かな30代中盤以降の女性だったりする気がしていながらも、自分はどうなんだと問われると、ええ、まったくその気配はありませんけど、と堂々と答えるしかなく、思い返せば父親はちょうど今の私の年齢で子どもと出会っていて、晩婚化を実感してしまっている今日この頃、皆様如何お過ごしでしょうか。私は草食男子だと一言で片付けて現実逃避するのもいつかはやめなければならないなと切々と感じております。

 そんな二次元をこよなく愛し現実の世界になかなか溶け込むことが出来ない私達のために30歳の保健体育という本が出たと過去に紹介しましたが、調子に乗ってその続編がどうやら発売されたようです。名づけて30歳の保健体育 ~恋のはじまり編~(AA)。なんでも前回内容の詳細が省かれていた「出会いかた」と「デートのやりかた」を中心に書いてあるそうです。なんだか小出しにしているような気がして、まだまだ続編は出るのかしらと勘繰りたくなってしまいます。いくつも存在するハウツー本のなかから敢えてこれを選ぶ理由があるとすれば、二次元の世界にどっぷりつかっている我々に非常に親近感があるからというほか、これ以外の本はある程度の人間的なボーダーラインを超えていないと実践するのが難しいということでしょうか。そんなに簡単に声がかけられるようであれば、こんなに苦労してませんて。

 まあ、どんな世界でも理想と現実のギャップはあるわけで、やはり恋愛や結婚においても、理想とする二次元の世界と現実の目の前にある三次元の世界にはとんでもなく乖離があります。あの世界で起きていることの99%はこの世界にあてはまらない。二次元の世界での選択肢はせいぜい両手ほどで、かなりの高確率でフラグが立つ仕組みになっていますが、三次元の世界での選択肢は無限に存在していて、かなりの高確率で蹴落とされてしまいます。間違ってもコンティニューは効きません。もちろんセーブもできない。そんな中、これまで散々二次元世界で特訓してきた我々に活路はあるのか。この本を読めば多少は何か変わるのでしょうか。まあ、これまでそちらの世界に欠けていた情熱を、世間の常識をもって現実世界に振りさえすれば、意外と大丈夫なんじゃないかなと思っているんですけど。要は気持ちの持ちようですよね。

 うーん。結局自分次第だ。そのうちがんばろう。
[PR]
by hidemite | 2009-07-30 14:08 | 日々思考
【珈琲】 マックのコーヒー
 今週金曜から1週間、東京のマックでプレミアムローストコーヒーが時間限定、本数限定ながらも無料で配布されるらしい。このために並ぶのは馬鹿らしいので利用することはないと思うけど、他のコーヒー屋と比較しても遜色ない味だから外でコーヒーが飲みたくなった時はマックを探すことは良くある。それにしても、マックはすげぇなぁ。こんなんやられたら他の外食産業は歯が立たんよね。
[PR]
by hidemite | 2009-07-22 05:06 | 日常
【太】 老化
 最近中途半端に忙しいことを理由に、食生活がおざなりになっていた。そしたら、昨日気付いたんだけど、腹回りがトンデモないことになっている。何じゃこりゃ。もう、昔と同じ量を食っても昔のように身体が処理してくれないというのか・・・こういったところで歳を取ったなーと実感してしまう今日この頃、皆様如何お過ごしでしょうか。もうね、掴めるどころの騒ぎではなくなりつつあります。ああ、脇の肉は落とすの大変なんだよなー。あきらめるしかないのだろうか・・・
[PR]
by hidemite | 2009-07-22 04:57 | 日常
【結論】 先送り
 ここ数年、複雑な思考をすることがなくなってからというものの、自分自身である事象についての結論を導き出すことができなくなってしまった。もともと流されるがまま気質である私は、世間一般の出来事にあまり関心がないばかりか、もし自分が発見したものがあったとしても、それを誰かに話してしまいたい衝動にかられることはあまりなく、心の中に留めてしまうこともしばしばある。そんな性格と片付けてしまえばそれまでなのだが、意外と沿う片付けられない事情も出てきた。この分野が仕事に結構影響するのだ。
 今の部署では、どんな事柄についても興味関心をもち、とにかく発言することが求められている。まあ、言葉にしなくてもいいのだけれど、「何もない」ことが一番良くない。それがいいことなのか、悪いことなのか、まあ、正解の方向はあるにせよ、間違っていてもいいから、意見を述べること、それが重要だ。だから、今、非常にしんどい。とはいえ、このしんどさは明日につながるものなので、無駄にならないと思えているだけマシかもしれないんだけど。
 まあ、どんな理由にしろ、現実逃避や先送りってのは良くないものなんだ。そんなのはわかっている。わかっているんだけど、逃げたくなるんだよな。

 逃げちゃダメだ、逃げちゃダメだ、逃げちゃダメだ・・・
[PR]
by hidemite | 2009-07-16 11:00 | 日々思考
【夕飯】 2週間ぶり
 ここ最近堕落した生活を送っていて、メシもろくに作らず、オリジン母さんとカップラーメン父さんにお世話になりっ放しだったけど、今日は久しぶりに思い立つことができて久しぶりに自分で御飯を作りました。折角なのでサラダつき。これで少しは肌荒れもおさまるでしょうか。
 因みにいつもの肉野菜炒めと、具沢山の味噌汁と、冷凍メンチカツと、トマトと胡瓜のツナサラダの4本立て。久しぶりだったこともあり、調子に乗ってビールを2缶あけてしまいました。てか、最近普通の人の量しか食ってなかったから、いつものはずの量ですら何だか苦しい。お陰で本当は寝なければならないこの時間に、まだ寝ることができずにいて、明日は寝不足必至な今日この頃、皆様如何お過ごしでしょうか。
 冷凍メンチカツは油で揚げなければなりませんが、最近やりくりしているのが卵焼き用のフライパン。油を5mmほど敷いて、そこに投入。厚さ15mmくらいとさほど厚くない冷凍食品なため、頃合いを見計らって裏表両面焼く感じで揚げています。再利用のポットがなくて、油の消費を最小限に抑えていますが、本当は無駄遣いですよねぇ。サラダの胡瓜は包丁で切ると味が染み込まないため、4分割して包丁で押しつぶしました。
b0000480_22513669.jpg

[PR]
by hidemite | 2009-07-06 22:51 | 料理ネタ
【検索】 辿り着く人々
 エキサイトのブログって、どういった検索ワードで辿り着いたか、その上位10個を知ることが出来るようになっている。月の前半は分母が少ないのでおもしろワードが引っかかるのだが・・・

 「リアルを生きる」って・・・

 君等、何を求めてこんな単語を・・・
[PR]
by hidemite | 2009-07-02 14:28 | 日常
【本】 会社は2年で辞めていい 
 もう少し経つと私の勤めている会社の社報に私が所属している部署が紹介され、そこの自己紹介に書いてある一言から1/1000くらいの確率でこのページに辿り着く人がいると思われ、1/500くらいの確率で私が変な人だということが明るみに出てしまいかねないと思いながら、既に別の意味で変な人だと思われているためもうどうでもいいかと諦めている今日この頃、皆様如何お過ごしでしょうか。どちらが本当の姿なのかと問われても、どちらも本当ですとしか言いようがないのですが、きっと、仕事もせずにネットサーフィンしかしないお偉方なんかがこういうページを見つけちゃったりなんかして、私を見るや否や卑屈な笑みを浮かべる人もいるでしょう。若しくは、ああ見たよ、と声をかけてくれるかもしれません。まあ、そんな危険性もあってか、ある程度厭きられるまでは会社への文句を軽々しく書けそうにありません。ああ、会長には退場していただきたいなと思っていることくらいは書いても、人生なんとかなりますかね。もうね、勘違いも甚だしいかと。

 転職を考えていた過日、まあ、予備知識もなしにするのも如何なものかと、多少本も読んでみました。たまたまブックオフで100円だったので、表題にもある本「会社は2年で辞めていい (幻冬舎新書)」を購入し読んでみました。まあ、努力はしたんだろうけど、何てこの人は環境に恵まれていたんだろうと思います。一時的に谷の時期があるとはいえ、うまくいき過ぎだよ。
 こういったうまく言った人の話というのは難しくて、時折「なんで私の言っている事が正しいことだっていうのをわからないのかなー」と若干高圧的に諭される気持ちになったりもしますし、本当にそんなにうまくいくんだろうかと疑心暗鬼にもなります。まあ、コロっと騙されて「ああそうか!その手があったか!」といとも簡単に食いついて地獄を見る人もいるのだと思いますが、そこそこ賢い人は、本に書いてあることを自分の立場に置き換えて、うまくこの世の中を渡っていくんでしょうね。私のように後ろ向きで常日頃から現実逃避を得意とする人間は、読んでいて「そんな人生送れたらいいんでしょうね」と斜に構えてしまいますが、向上心豊かな諸氏はこの本に書いてあることは非常に参考になるとは思います。あ、さっきと同じこと書いてるかも。

 会社をたった2~3年で辞めて、得られるものがそう多いとは思いません。特に私も未だにこの会社とは20%位しか肌が合っていないので、経験値はつめていますが、それは今の会社でのみ有効なもので、同業他社ですら必要とされない知識も多々あると思われます。自分の希望する会社であっても、必ずしも希望する仕事・部署に就くことはできないわけで、そうなった時にすぐ辞めるのか、それとも自己の勉強の場として割り切るか、それは個人の自由だと思いますが、著者のように専門性の高い仕事でない限り、安易な判断をすることは出来ない気がしています。そんな中、私は安易な判断をしないまま8年目に突入しているわけで、もうここまで来ると多くてあと2社くらいにしか所属できないでしょうから、下手な判断は出来ないんですよね。
 とまあ、私としては若干縁の遠かったお話が半分くらい入っていた本ですが、ああ世の中ってこういう考えを持っている人もいるんだなあ、と一つの参考にはなると思います。基本的に考え方には共感できる部分があるんですけどね、如何せん、コイツはうまくいきすぎだろう、と。前も言った気がしますが、なんで、こういう類のものって、失敗談があんまり出てない(または有名にならない)んでしょうね。反面教師のほうがずっとためになると思うんですけど。
[PR]
by hidemite | 2009-07-02 14:00 | 日常