<   2007年 01月 ( 11 )   > この月の画像一覧
【酒】 どうも弱い

 最近酒が飲めなくなった。

 まあ、もともと飲めないのだけれど、最近富にひどい。

 こればっかりはどうしようもないよね。
[PR]
by hidemite | 2007-01-29 12:13 | 日常
【煙草】 禁煙
 よく考えると、あまり酒が飲める人でもないにもかかわらず、ほぼ毎日といっていいほど夕食時にはビール缶が片手に握られており、次の日の朝あまりすっきり起きることができないのはこのことなんだろうかと思いつつも、なかなか美味しいおかずがあるとビールが飲みたくなってしまうという、軽いアル中のようになっている今日この頃、皆さん如何お過ごしでしょうか。最近は冬ということもあり、蜜柑も欠かさず夕食後のデザートとして1日2個食べて生活しています。それでも体が健康だと感じないのは他になにかあるのでしょうかね。

 健康といえば、納豆嫌いの人が納豆を食べたけれども、結局食べてもどうにもならなくて世間は大変なことになっているようですが、日常的に摂取している人からしてみればいい迷惑です。私もたまにしか買わない人ですが、こう棚にないのを並んでいる状態を見続けると、納豆にプレミアムを感じ、ああ、日本人ってこんなにも判り易い生き物なんだなー、って思います。
 そんな、世間の目が健康志向になっている中、私の会社でもようやく一つの健康増進が図られることとなりました。煙草の完全分煙化です。

 私の会社は、一部勢力のある人が愛煙家だったため、入社した時は席で吸うことが当たり前だったりもしましたが、徐々に会社内も禁煙ムードが高まり、空気清浄機の近くでしか吸えない様な環境が構築されたものの、同じ部屋の中にあることには変わりなく、完全な改善とは言い難いものでした。おまけに禁煙の会議室に灰皿を持ち込んで会議していたこともありましたっけ。
 私は煙草を生涯一度たりとも吸ったことはありませんが、他人の吸った煙草の残骸、所謂副流煙は大分吸っている事と思います。吸わない人にとっては煙草は害でしかなく、間違ってもファーストフード店の喫煙フロアでハンバーガーを食べようとは思いません。ああいう場所って、空気が白いわ臭いはするわで、煙草に縁のない人は立ち入ることができない、愛煙家だけの聖域となっています。
 そんな愛煙家の聖域は、私の会社にもありまして、それがトイレ前の廊下だったりしました。トイレに行くためには廊下の喫煙所を通らなければならないのですが、一部分煙化のはじまった時点で追い出された喫煙者は廊下の喫煙所を心のオアシスとしていたため、ひどい時には廊下の空気が霧の天気のように白かった時期もありました。そこを通らないとトイレにいけなかったもんですから、けっこうしんどかったもんです。5mくらい息止めて通過していました。
 しかし、今回の完全分煙化で、廊下の喫煙所もなくなり、マンションのバルコニーのような部分(つまりは外)に喫煙所が設けられることとなりました。我々煙草に縁のない人間にとっては喜ばしいことですが、煙草を吸う人達にとっては非常に悲しい世の中になったことだと思います。そうなっても吸いたいと思う人は吸うんですよね。

 まあ、私は煙草を吸わないので、禁煙環境は両手をあげて賛成です。煙草を吸う人が悪いとは思いませんが。
[PR]
by hidemite | 2007-01-24 18:36 | 日常
【組立】 SPACEWARP

 クリスマスプレゼントで願うしかなかったあの頃。

 枕元に何が置いてあろうと、嬉しかったあの頃。

 忘れかけていた、あの頃のキモチが、今、よみがえる。


 その名は SPACEWARP 。


 侮るなかれ、組み立てはスゲー難しい。

 終わったと思っても、鉄球がうまく転がるよう、コースアウトしないよう微調整が必要だ。

 丹念な微調整の結果、不恰好だが、ようやく完成。

b0000480_2214585.jpg



 意外と面白いね。思わずじーっとみてしまう。



 アマゾンで購入→スペースワープ 10000
[PR]
by hidemite | 2007-01-22 02:21 | 写真
【音】 ウッドコーンスピーカー

ウッドコーンスピーカーのハンドメイドキット(日本ビクター)

うーん、ちょっと欲しい・・・


[PR]
by hidemite | 2007-01-18 18:22 | ひとくちメモ
【鋤焼】 学習能力ゼロ
 大崎に越してからというものの、ユータカラヤの肉肉ソングはもう慣れっこになってしまいました。どうやら同じ曲でも、詞にいくつかバリエーションがあるようで、今日は鋤焼バージョン。まあ、「ヤキヤキ 焼肉」が「スキスキ 鋤焼」になっている程度ですが、音楽は全く同じなので、どうしても脳に焼き付いて離れません。これが英語の学習だったらNOVAはいらないなと思うほど、というと言い過ぎですが、まあ、FM局のヘビーローテーションには匹敵するでしょう。とまあ、そんなくだらないことしか考えない今日この頃、皆さん如何お過ごしでしょうか。そんな今日は、1年と1日ぶりの鋤焼をしました。

 最近冷凍庫の肉の減りが少ないため、肉は買うまいと思っていたのですが、300g1,480円の国産鋤焼用牛肉が半額で、泥ネギも破格の100円。春菊も韮も105円、白菜も1/4カット88円、Lたまご10玉168円という、いかにも鋤焼をやらないと損するラインナップが並んでいたので、1時間後には下の写真のようになっていました。
b0000480_152620.jpg



 そして、案の定食べきれず・・・


 どう考えても3人分はあるよな。
 材料を切る時に、どうして多く切ってしまうんだろうか、自分でも謎です。
 因みに肉は軽く焼いたほうが美味しいらしいということで、
 この状態で鍋に入れていきました。確かにうまい。


 おかげで、今日は12時に寝ようと思っていたのに、今でも腹いっぱいで寝れず、
 卵を6個も食って、大丈夫かとちょっと不安になってしまった冬の一日。
[PR]
by hidemite | 2007-01-16 01:12 | 料理ネタ
【学問】 湯島天神
 昨日、会社の所用で秋葉原へ買い物に行ってきました。アキバっ子の私としては、仕事の関係で秋葉原に行くことができるのはこの上ない嬉しさでもあり、仕事といいつつも、私事のレベルで楽しく買い物に取り組むことができます。いくら会社の金とはいえど、清算は事後なので一時的に自分の財布が傷むため、それなりに値段を吟味する必要があります。モノによっては中古品が新品の三分の一程度の値段だったりもします。そんな、秋葉原のことを語るといくらでも話せるのに、普通の会話が全く成り立たず、飲み会で気の効いた事ひとつもサラリと言えない事に気が付いた今日この頃、皆さん如何お過ごしでしょうか。というか、既に気が付いていながらも、どうすることもできないというほうが正しいのかもしれません。まあ、今年はそんな自分を打ち破るべく頑張ろうと思っていますが。

 秋葉原への交通手段としては、やはりJRの秋葉原駅が便利。ついで日比谷線、未だ乗ったことのないつくばエクスプレス、んでもって大穴が銀座線末広町駅、といくつかの駅から秋葉原中心地区へアクセスできますが、私が通って働いている会社は千代田線沿線なので、いずれの線路も乗換えとなると結構大変。なので、千代田線の新御茶ノ水駅や湯島駅+それなりに徒歩のほうが気持ち的には楽。その中でも、私の良く行く店は末広町駅付近が多かったり、駅のホームから階段を上る量が少なかったりという理由から、湯島駅を利用することも多いです。
 そんな中、ああ、そういや年始だよなと思い、人生のうちで一度も行った事のない湯島天神へちょっぴり寄り道してみようと思いました。どうやら湯島天神は、学問の神様がいるそうで、絵馬の数が死ぬほど多く、その殆どが合格祈願。中には進級祈願なんてのもありましたが、進級祈願のために絵馬に書く時間があったら授業に出席すればいいんじゃねーかと思ってしまいました。また、普通の神社にはないものと思われる、絵馬を書く用の机がビッシリと並んでいました。全盛期には絵馬に記入するだけで並ぶのかなーと思ってしまいます。
 下の写真はほんの一部で、他の場所にも沢山かけられていました。これだけの大人数の願いを叶えるだけの力が湯島にあるのかどうかはわかりません。まあ、無謀な挑戦をする人なんかを除けば、それなりに願いが叶っているのでしょうか。絵馬の1枚で合格への切符を手に入れられるなら安いもんですが、そんなに人生甘くないという授業料だったりもして、神様はきまぐれです。っていうか、自分の実力でしょうがね。
 何かよくわかりませんが、怪しいおじさん達が絵馬を書く若者に(一応断って)写真を撮っていました。新聞か何かの記事にするのかはわかりませんが、腕章をしていたかどうかも怪しく、非常に不気味な感じです。しかも一切男性は撮らないのね。単なる自己満足じゃねーのかとツッコミたくなりました。その後、あまり学問とは関係のないお願い事をしながら、毎度の行事、御神籤引きへ。末吉。内容もよくない。ということで、しっかり紐に結んできました。

 その後は、四時間ほど時間をかけて買い物をし、荷物を沢山持って会社へ帰った、そんな一日もしっかり終わっていきます。

b0000480_19563227.jpg

[PR]
by hidemite | 2007-01-11 19:56 | 写真
【成人式】 もう7年も前のこと
 あっという間に3連休も終わり、明日から仕事が始まります。といっても、月曜が休みだったため今週は4日しかありません。なので、今週は平気で乗り切ることが出来ないと、来週以降、会社に行くことがげんなりの種になりかねない状況となってしまいます。そういえば今年って、週末3連休が結構あるんでしたっけ。まあ、そんなこといっても、実際に休めるかどうかわかりません。そんな、休みが待ち遠しくて仕方がない今日この頃、皆さん如何お過ごしでしょうか。といっても、休みになったとしてもたいしてやることはないんですが。

 そういや、今日は成人式だったんですね。ちょいと電車に乗りましたが、着物を着た綺麗な女性を数人見かけました。まあ、結婚式とは異なり、人生の中で必ず1度だけ経験する成人式、否が応でも綺麗におめかしすることでしょう。ちなみに私もおめかししたことがあります
 昨年末実家に帰りましたが、その頃の写真が伊勢丹相模原店A館6階、伊勢丹写真室に未だに飾られていました。まあ、今日で展示は終わっていると思いますが、近くにお立ち寄りの際には是非探してみてください。

b0000480_141434.jpg

[PR]
by hidemite | 2007-01-08 23:20 | 写真
【人生】 の過ごし方

 俺ができることって、なんなんだろうか。

 なんか最近、自分のやりたいことが何なのか、さっぱり見当がつかない。

 平日は朝起きて、部屋が寒いから15分もあれば家を出て、
 会社へ行って、仕事して、終わって、家に帰ってきて、
 前回の風呂掃除から3日以上経っていたら風呂掃除して、
 風呂沸かして、米研いで、風呂入って、飯作って、食って、片付けして、
 洗濯物が溜まってたら洗濯して、気が付いたら日を超えていて、
 ボーっとしていたらあっという間に2時になっているので、寝て。

 休日は午後起きて、ボーっとして、身があまり入っていない片付けをして、
 月に1回換気口のフィルターを掃除して、現実逃避して、
 風呂沸かして、米研いで、風呂入って、夕飯をいつもより早く作って、
 食って、片付けして、録画していたテレビを見て、
 結局いつの間にか2時になっているので、寝て。


 夢を見ていた、何も責任を感じずに過ごしていたあの頃のほうが、
 自分の人生に刺激になれることを沢山していた気がする。

 社会に出て、責任というものを多少なりとも背負う事になったこの頃、
 これがサラリーマンになるということなのだろうか、
 あの頃の余裕はなんだったんだよと笑っちゃうくらいに平凡だ。


 いつの間にか自分の心の中に出来てしまった、限界という壁
 が邪魔して、本当はできるかもしれないことを全て放棄しているんだ。

 いつの間にか自分の心の中に出来てしまった、妥協という産物
 が邪魔して、決して120%の力を放出して闘うことをしないんだ。
 

 そんなことに気付いていたのは、きっと、もう、だいぶ前の事。

 それに蓋をして、気付こうとしない自分。

 だけど、いつまでもこんなんじゃー、腐ってしまう。

 そんなことは、だいぶ前からわかっている。


 葛藤と衝動が、自分の周囲を囲んでいく。


 けど、

 いまこそ、打ち破れ、その壁を。

 そしてその壁を越えなければ、きっと、自分に、未来はない。


 限界など、妥協など、全て投げ捨てて、
 会社と家との往復だと蔑んでいる自分自身を変えるんだ。

 希望、無謀、挑戦、全て取り入れて、
 必要な時に120%の力で闘える人間を目指すんだ。

 あの、夢見ていた頃の、俺自身になれるように、
 惜しまず努力を注いでいけ。


 そう自分に言い聞かせ、人生を、過ごしてゆくんだ。

 そして、誇れる未来を手に。
[PR]
by hidemite | 2007-01-08 02:19 | 日々思考
【家具】 新年初作成
b0000480_126079.jpg あーあ、結局何にもせずに正月三箇日が終わってしまったなあ、そういやこの3日間、15時、12時半、15時と朝に起きることができずにいたため、若干明日の仕事始めに遅刻せず会社に行ける時間に起きられるかどうか不安になっている今日この頃、皆さん如何お過ごしでしょうか。中には9日から仕事という友人もいて、ちょっぴり羨ましく思ってしまう自分がいます。

 結局正月休みを使って出来たことは、部屋の隅を有効活用する家具を作ったこと。写真がそれです。取り敢えず枠組みは出来上がりましたが、置くものとか、引き出しとかも作りたいので、完成までにはもう少し時間がかかりそうです。

 さーて、次は何を作りましょうか。というか、まずはいらないものを捨てる努力をしていかないと。
[PR]
by hidemite | 2007-01-04 01:32 | 写真
【電気】 エコキュートの逆襲
 今年も残すところあと三百六十数日となりました。年末年始の休みも明日でおしまい。まあ、年末年始の休みがあるだけマシといえるのかもしれませんが。もうね、私は小さい頃から夏休みの宿題を泣きながら9月にやるタイプだったので、年末年始の大掃除は年明けでいいかなと思っていたら、あっという間に時間が過ぎて、未だに部屋が片付かない悲しい状況となっておりまして、今年一年も変らぬダメ加減を予感させている今日この頃、皆様如何お過ごしでしょうか。今の家に引っ越してから早1年弱、そろそろいらないものを思い切って捨てていく必要がありそうです。

 そんな中、年末実家に帰る前に、ひとつだけやったことがありました。それはこの家に住んで初めて手に入れた、空気の力でお湯を沸かす機械「エコキュート」の年1回のお手入れ。説明書を読みながら、タンクの中の水抜きをしました。タンクの中には400リットル以上のお湯が蓄えられており、水抜きするのにおよそ30分と説明書には書いてありましたが、30分ではなかなか終わる気配がありません。給水側の元栓を締めなければならず、いわば満タンのペットボトルを勢いよく傾けるとうまく水が出てこないのと同じような状況らしく、結局タンク内の水が全部出るのに1時間半ほどかかりました。そのあと、室外機側の水抜きも30分。タンク内の水を全て出し切ってもまだバケツ2杯ほどの水が出てきて、水抜きはそんなに甘いものではありませんでした。まあ、ここまでは順調だったのです。
 そして昨日の早朝に家に帰ってきて、エコキュートの電源をいれ、説明書の「初めて使うときの準備」を見ながら1時間ほどかけてタンクの中に水を入れました。そして強制的に湯を沸かすように設定。その日は眠かったのでそのまま就寝。
 そして昨日の夜、風呂に入ろうと思って、「ふろ自動」ボタンを押したのですが、エラーが出てお湯張り自体が出来ません。よく見ると、「残湯少」というサインが点滅しています。この状態では風呂に入るだけの十分な湯の量が確保できていません。タンクを触ると、いつもは長く触っているとちょっと熱く感じるんですが、全く温かみがなく、鉄の無機質な冷たさしかありません。よく見たら、強制ボタンを押しても湯増しのサインが点灯していません。
 何がいけないんだろう…ともう一度説明書を一から読んでも、原因がさっぱりわからず、こりゃー新年早々、いきなり壊したかいな、とガッカリしていたら、準備のページが2ページあることを発見。「ヒートポンプ内のエア抜き」という作業が必要って、これもしかして使用再開の最重要項目?と慌ててその作業をしました。そして、再度強制湯沸しスイッチをオン。しかし、湯沸しがされる気配がありません。
 エコキュートが湯沸し作業をしているときは、室外機のファンがエアコンの暖房と同じように回ります。しかし、回っていないのです、ファンが。室外機からは動きたくても動けないような苦しい音が鳴っています。やはりエア抜きの作業を怠って運転させようとしたから壊れたのでしょうか。
 最後の悪あがき、室外機のエア抜きをもう一度してみようと試みました。エア抜き用の栓を空けると、勢い良く空気と水が出てきます。やはりエア抜きが不完全だったようです。このクソ寒い冬の深夜、バケツを用意して30分ほどでようやくポンプ内の空気が抜けたようで、栓から水だけが出るようになった時、勢い良くファンが回りだしました。
 結局色々とやっていたら、いつの間にやら午前5時。割れ目でポンも終わりを迎えようとしている中で、ようやく風呂に入ることが出来ました。
 そして今日、床暖房を使っていたら、またもや風呂が使えませんでした。昨日、というか今日の朝にようやく使えるようになったため、まだ自由に使えるお湯の量が少なかったのです。床暖房を使うのを止め、お湯が溜まるのを待って、今日も入ろうと思ってからおよそ1時間後に風呂に入ることが出来ました。

 正しい使い方をすればおそらく何てことなかったのでしょうが、少しでも過ちを犯すとしっかりと働いてくれないこの機械は、小学生の頃の時代の家電を思い出させます。昔はよくテレビを叩いて直していたもんです。そう考えると、便利になりすぎたこの世の中、その便利にすっかりおぶさってしまって、モノに対して真剣に接していなかったなぁ、と、そして、家電だけではなく、全ての物事に対して、楽なほう楽なほうに向かってしまっているような気がして、そんな自分がちょっぴり残念に思ってしまったのです。

 今年は、もう少し色々な物事に対して、心から関心を持てるように努力をしていきたい。

 あ、タイトルに逆襲と書いてありますが、別に自分が悪かっただけでエコキュートは何も悪くありません。今年末のお手入れの時にはエア抜きを欠かさずにしようと思います。
[PR]
by hidemite | 2007-01-02 23:57 | 日常