<   2006年 12月 ( 15 )   > この月の画像一覧
【撮影】 自分の脳
 そういや昨日はクリスマスだったんですね。よくよく考えたら日曜日の夜は明石家サンタも見たし、友人からもメールが来ていましたっけ。自分に影響のないイベントというものはどうも都合よく脳の中から消し去ってしまうようで、日曜日はだいぶ溜まっていたワイシャツのアイロンがけをする作業で日が暮れてしまい、辛うじて外出してブックオフの立ち読みとマッサージくらいはしたものの夕食はSガストでしたし、昨日も大して何かがあったわけではありませんでした。数年前は嫌でもこのイベントは意識されていたような気がしますが、年齢の上昇と共に、徐々にどうでもいい感が自分の中に漂い始めてきています。まあ、最もな原因は別のところにあるのでしょうね、と若干の現実逃避に浸る今日この頃、皆さん如何お過ごしでしょうか。最近友人からはもっと前を見たほうがいいと言われています。

 さて、先日頭痛がひどく、診療所へ駆け込んで症状を話し、おそらくは筋緊張性頭痛と思われる症状と診断されるも、念のため撮りましょうかということで、MRIを初体験してきました。この年でMRIを撮るとは思ってませんでしたので、ちょっと不安もありましたが、結論から言うと、至って問題なし。
 MRIはレントゲンと異なり、磁気の力でいろいろと計測するようで、装身具は全て外してから出なければなりません。といっても、ファッションという世界とは無縁の私、ただ着替えるだけでOK。その後検査室へ連れて行かれます。結構昔、写真で見たことはありましたが、そのイメージ通りの機械で、実際に中に入ると、閉所恐怖症の人にはちょっぴり辛い感じです。ただ、丁度目の前に45度の角度で取り付けられた鏡があり、足先に丁度風景画があるため、微妙な華やかさがあります。
 機械はクリーム色で、目を開けていても問題はありません。別にどこからか光が来るわけではないので。ただ、音がすごいです。死ぬほどではありませんが、それなりに耳に「ガッガッガッガッ」「ガガガガ」という道路工事のような音が響きます。この音ひとつひとつが脳を輪切りにして撮影しているということなのでしょう。およそ30分弱で検査は終了。途中で少し寝てしまったため、あまり長いなとは感じませんでした。

 その数日後、自分の脳の輪切り写真を始めて見て、ちょっと感動。まあ、特番やドラマの病院の場面と同じような感じで、見ても「ああ、これが俺か」なんてことは一切わかりません。実はこの時に同時にMRAというものもやっていて、こちらは血管のみを映し出すというもの。いやー、科学の力は凄いですね。血管だけが三次元の立体のように様々絡み合っている様子が鮮明に映し出されるんですよ。どうやって脳を消しているんでしょうか、想像も付きません。別に造影剤を注射されているわけでもないのです。まあ、そんなハイテクな診察ですから、かかる費用もそれなり。3割負担でおよそ6千円でした。

 写真といえば、全然話が変わりますけど、親の報告によると私の成人式の写真が地元の伊勢丹の写真屋に貼られているそうです。今週実家に帰るので、隙あらばその様子を見てみようと思います。ああ、もう7年も前の出来事なのね。成長してないなー、きっと。
[PR]
by hidemite | 2006-12-26 19:49 | 日常
【映画】 年末年始のテレビ
 今日の給与明細を見て、ああ、俺の1年間の締めくくりはこんなものだったんだなあと、夜空を見上げながら60%引きのアンパンを帰りに買って口にほおばり、まあ、きっと来年は晴れる日が来るさ、と自分に都合のいいように考えるしかない今日この頃、皆さん如何お過ごしでしょうか。源泉徴収表を見ればそんなに悲しくなるような金額ではないのですが、私が勤めている会社の異常な給与体系の影響で、普段払っている所得税が少ないからこういうことがおきてしまいます。でも、世の中広いもんで、私の先輩の話によると、死ぬほど残業してた翌年に全く残業しなくなったら、毎月の給料がマイナスで、ボーナスで何とか相殺されていた人も居るようです。それに比べたら私はマシなほうかもしれません。

 年末年始は、ご存知の通り特番祭りなわけですが、その中でも意外と多いのが「映画」。ゴールデンタイムはバラエティやドラマ真っ盛りですが、番組表を若干深夜帯へシフトすると、ミッドナイトシアターゾーンへと突入します。よく考えたら普段もやってるか。
 んで、よくよくTBSの番組表を見たら、身に覚えのある映画のタイトルがありました。それは「感染」と「恋愛寫真」。おいおい、去年の年始の映画で流れてたんじゃねーか?と旧型のHDDレコーダを覗いたら、まさしく発見。しかも去年は年始スペシャルとして流れていましたから、実質1年も経たずに再放送されたということになります。まあ、悪くない作品だとは思いますが…他に流す映画はないんでしょうか。別に年末年始限定でなくともいい気がしますし。

 まあ、そんなのはどうでもいいとして、30日(土)フジテレビ21:00~の有頂天ホテルは見ようと思います。リアルタイムでは見られないので、録画だけど。
[PR]
by hidemite | 2006-12-26 02:37 | 日常
【天引】 年末調整

 給料の手取りが、

 3ヶ月毎に支給される交通費より安いとは、

 何事だーーーーーーーーっ!



 今年の正月は餅と海苔だけで生き延びようと思います・・・
[PR]
by hidemite | 2006-12-25 09:56 | 取り急ぎ愚痴
【過熱水蒸気】 初使用
b0000480_1254244.jpg
 数ヶ月前に購入し、今まで電子レンジとしてしか機能させていなかったという、そんならわざわざ4万も出して買う必要なかったじゃんと大きく突っ込まれそうな「スチームコンベクションレンジ(右写真)」ですが、この度、ようやく機能を活かした第1回目の調理を行いました。これでようやく弟にあげた激安ダイヤル型電子レンジとの差別化が図れたことになります。それにしても購入後3ヶ月でようやくですか。そういや過去に圧力鍋をもらった時も調理しようと思うまで2ヶ月かかりましたっけ。よくよく考えると、それら調理器具についてくるレシピブックって、自分のスタイルに合わないものばっかりなんだよね。だから、最初の取っ掛かりはまったくもって未知の世界。さらに圧力鍋は日にかける時間だけ気にしていれば良かったものの、電気で動くものとなると色々な設定があって更に一筋縄ではいきません。

 今回作ったのはサーモンのムニエルもどき。そもそもサーモンのムニエルの作り方すら怪しいんですが、焦がさなきゃ取り敢えず食えるだろうということで挑戦してみました。というか、五反田東急ストアで2切れ498円のサーモンが賞味期限割引50%OFFで249円だったため、思わず買い物籠に入れてしまい、帰り道で調理方法を考えていたのが実のところ。
 まずはサーモンの両面に塩胡椒をすりこみ、そういやフライパンで作るときはバター使うよなと思い、念のためバターを適当な大きさに切って乗せ、その後で全体に小麦粉をまぶします。さて、ここでレシピブックから一番近いと思われるメニューの検討に入ります。その、数あるメニューの中から選び出したのは、「鳥の唐揚げ」。その丁度隣に鮭も焼けると書いてありましたが、何分粉をまぶしているので鳥と魚の違いならいけるだろうと勇気を振り絞りました。
 そしてスイッチオン。まずはレンジ内の温度を前もって高めておく「予熱」が始まります。この予熱が意外と長く、20分。そして、予熱終了とともに食材を入れて、いよいよ調理スタート。確かに昔やっていたシャープのヘルシオのCMの如く油分が下に落ちていくのが目に見えてわかります。おお、これが過熱水蒸気の威力か。調理時間は20分。結局フライパンで焼いたほうが早いんじゃないかと思いましたが、そこはカロリーオフのためだからと、カロリーを気にした食事をまるでしていない私にとっては無意味な感情で自分を押し殺すことにしました。
 んで、出来上がったのが下の写真。外側がかなり硬そうに見えたので、ああ、水分なくなってパサパサになったのかなーと思ったら、意外や意外、箸を入れたらザッツサーモンピンク。確かに私のフライパン調理の腕ではこの状態は作り出せませんでした。過熱水蒸気、恐るべし。
b0000480_253598.jpg

 因みに右に写っているのは、その予熱の時間に作った肉野菜炒め鶏肉のささみバージョン。またこれがくせもので、流石に冷凍といえど半年前に買った徳用品は人体にはまずかったらしく、只今腹痛と格闘中だったりします。
[PR]
by hidemite | 2006-12-21 02:06 | 料理ネタ
【検索】 意外な検索ワード
 最近アクセスがちょっとだけ多いので、何でだろうとアクセス解析をみていたら、googoleの検索結果から来ていることが判明。確かに「セブンイレブン クリーニング」と入れると約189,000件のうち2番目に私のブログが出てくるという奇跡的な事態が起きており、自分の本名以外で意外とヒットするもんだと驚いた今日この頃、皆様如何お過ごしでしょうか。もう、あんまりセブンイレブンのクリーニングサービスのことについて書いている訳じゃないのに、騙されて来てしまうようで、申し訳ないというか、何というか。しかし、このキーワードで検索しているということはそれなりにセブンイレブンのクリーニングが定着してきたということでしょうか。

 セブンイレブンのクリーニング。10万円以上の洋服は預けないでね、との注意書きがあるためワイシャツとどうなってもいいスーツしか預けておらず、私は頻繁に利用するほうではありません。なので、この前久しぶりに利用したらサービスの内容が変わっていたことにビックリ。
 私が加入した当初は「6:00受け取り→翌日18:00仕上がり」と駅前のチェーン店もビックリの早さでしたが、今では「21:00受け取り→翌々日9:00仕上がり」と若干普通な感じになっています。私としては朝会社行く前に出して、翌々日に受け取るというフローなのでこの場合はどちらでも変わりありませんが、気まぐれを起こして前日の夜に出したりすると、受け取ることのできる日が1日ずれてしまいます。
 私は一つの店舗でしか利用していないので、個別に店舗とクリーニング店で契約しているのか、それともセブンイレブンと白信舎とで契約しているのかはわかりません。なので他の店舗がどうなっているのかもわかりませんが、知らぬ間に時間が変わっていてビックリしました。もう一つビックリしたのは、あの忌々しい「セブン」のホチキス止めタグがなくなったっぽいこと。まだ1着しか開けていませんが、普通の番号タグだけでした。やっぱりセブンのタグは付いたままのようで、ガッカリ。だから利用者が増えたのでしょうか。そういや当日の夜に取りに行ったのに、クリーニング出来上がりボックスはどうやら満杯のようで、店員さんが奥の部屋へ取りに行っていました。

 ネットで調べる限り、このサービスは2004年あたりからやっているそうです。2年経ってもセブンイレブンのホームページには何も表示されておらず、非常に実験倒れの匂いもしてきましたが、願わくばこのまま正式なサービスとして続いて欲しいものです。なんせセブンイレブンがマンションの隣、徒歩30秒しか荷物を持たなくていいものですから。

- とりあえず過去の記事 -
  【洗濯】 セブンイレブンでクリーニング
  【悲】 セブンイレブン
[PR]
by hidemite | 2006-12-20 18:27 | 日常
【読書】 そういえば最近本を読んでいなかった
 昨日は会社の忘年会だったのですが、酒飲ませ係(というか、その人も死ぬほど酒を飲むので、酒を浴びるように飲むってのは、まさにその人のためにあるかのような言葉だと思ったくらい)がいた為に、私も例外なく日本酒をそれなりに飲むことになり、久しぶりにフラフラになりながら家路へとつきました。こういった時、酒豪でなくともいいからもう少し付き合いのできる人間になれるとそれはそれで面白いんだろうなーと、酒の弱さに少しだけげんなりする今日この頃、皆さん如何お過ごしでしょうか。因みに6月の件もあるため、調子に乗ることだけは控えようと思っています。まあ、私は元来控えめな人間ですので、隅の方でその場の楽しい雰囲気さえ楽しめればいいんですけどね。

 最近は非常に適当な日々を送り過ぎていて、部屋も徐々に汚くなり、アイロンがけも久しく行っていないという、あまり人間的には好ましくない生活を送っていますが、そんな生活を送り続けると、自分の生活の質も落ちてくるもので、言語能力なんかにも障害が出てき始めます。あまりそんな生活を続けていると、もともと喋ることが苦手な私は、話にできるネタもなくなってしまい、更に無口への道へと続いてしまうので、ちょっと脳を鍛えようかなと思い立ちました。
 取り急ぎ、今は本を読もうとしています。んで、とりあえず図書館で借りたのが茂木健一郎の「脳と仮想」。茂木健一郎氏といえば日テレの世界一受けたい授業で良く見かけますが、脳科学者として結構すごい人らしい。どれだけすごいかはわかりませんけど。

 しかし、久しくこのような世界から遠ざかっていたため、読解力のなさにげんなり。さらには通勤時間に読むことにしていたのですが、返却日の今日でまだ半分くらいしか読めませんでした。ああ、昔は結構こういった話も理解できていたんだけどなー。ちょっと自分の頭脳が戻るまでには時間がかかりそうです。
[PR]
by hidemite | 2006-12-19 19:40 | 日常
【料理】 もみじおろし
 TBSで放送している明石家さんちゃんねる、いまのところ欠かさず見ています。意外と面白いね。その中でもお気に入りは、お料理コーナー。いつも驚きと発見の連続です。その中で、一人で見ているにもかかわらず、「おおーっ、すげー」と心から感心してしまった今日この頃、皆様如何お過ごしでしょうか。それは「もみじおろし」の作り方。

 もみじおろしって、大根にさいばしで3箇所くらい穴空けて、そこに赤唐辛子のへたを切ったものを差し込んで、おろし金でするだけなんですね。目からウロコばりの感動でした。

 今度そんな料理をつくる時には、是非実践しようと思います。滅多に機会はなさそうだけど。
[PR]
by hidemite | 2006-12-17 02:22 | 日常
【電話】 コールセンター業務って大変
 片付けど片付けど、部屋がさっぱり綺麗になる気配がありません。それもそのはず、貧乏性の私は、物を捨てるということに非常なる抵抗感があるからで、結局のところやっていることは片付けるではなく見えないところに押し込むというほうが正しいんですよね。また、そうすることで、先日の友人の結婚式のの2次会の余興際の非常に今更感のあるマツケンサンバを踊った時にサランラップの芯を取っておいたことが功を奏しバトンのようなものが作れて少しでも雰囲気の向上に貢献したという、ごく稀に役立つ出来事があったりするもんだから、更に直ぐ捨てることが出来なくなってしまう今日この頃、皆さん如何お過ごしでしょうか。まあ、せめてもの救いは、賞味期限を切らすことはないので、食べ物を粗末にしないだけマシかなと思います。

 今日は若干早く家に帰ってきまして、折角だから日曜大工のための準備をしようと思っていたのですが、親から1本の電話がかかってきました。その電話が、まさかその先2時間もの時間を台無しにしてしまうとも知らず、私はいつものように電話に出たのです。

 親「インターネットが使えなくなった。どうしよう」
 私「モデムのランプはついてる?」
 親「ついてる。電源も何回か抜き差ししたんだけど」

 そう。親はパソコンがそれほど得意ではありません。インターネットやメールが精一杯で、配線やネットワークの設定などは全て私がしています。社会人になるまで、それなりにパソコンで色々とやっていた私は、ある程度覚えていたので、目の前にパソコンがなくてもなんとかなるのですが、それを電話という非常にアナログな手段をつかって親を操り人形にするのに非常に骨が折れるのです。以下、親じゃなかったら絶対キレてしまいそうなやりとりの一部を記します。

 私「インターネット開いたら、アドレスって所わかる?」
 親「アドレス・・・どこ?」
 私「ウインドウの上のほうにエイチティーティーピーって書いてあるとこあるでしょ」
 親「ああ、あった」

 私「そこに数字でイチキュウニ、テン、」
 親「なんか青くなって192.168.0.1って出てきた」
 私「いや、それの最後が2なんだよ」
 親「どうやって"1"だけ消すの?青いままだと全部消えない?」
 私「その1の右側にマウスのカーソルを持っていってクリックして」
 親「あ、青いのが消えた。えっと、後退だとだめなんだっけ」
    (うちのはBackSpaceが「後退」と書いてある日本語キーボード)
 私「後退ってどんな意味だ?」
 親「そうね、これで前の文字が消えました」

 私「ウインドウの右上にあるバッテンでいつも閉じてるでしょ、その3つ並んでるのの一番左」
 親「最小化って出てきた」
 私「それを押して一旦小さくして」
 親「うわっ、消えた!」
 私「大丈夫だから、次行くぞ」

 私「ネットワークコンピュータって所を右クリックして」
 親「なんか出てきた!えーと、開く、エクスプローラ・・・」
 私「そんで、プロパティって所をクリックして」
 親「右?左?」
 私「左ですが」

 私「なんたらかんたらのティーシーピーアイピーってやつをダブルクリックして」
 親「うわっ!青くなった。そんでどうするんだっけ?」
 私「ダブルクリックして」
 親「ああ、ダブルクリックね」

 私「そんで、もう1回インターネットのアドレスって所にイチキューニって入れて」
 親「アドレスってどこだっけ?」

 ・・・・・



 かくして2時間の格闘の末、無事インターネットが使えるようになりました。
 自分で作って環境を構築したパソコンなので、まだ勝手がわかりますが、それでも結構キツイもんですね。今日の電話でコールセンター業務だけは、仕事としてやりたくないなと思いました。ホント、毎日ご苦労様です。
 頼むから実家のネット環境に安定を。
[PR]
by hidemite | 2006-12-15 01:12 | 日常
【撮影】 天竜峡「峡泉」浴場での撮影

 どーもこんばんは。みんなはHappyな毎日を過ごしているかな?


 今回は、ベース筋さんからの問い合わせ、

  「mixiのタイトルに使われている写真はどのようにして撮ったんですか?」

 に仕事場からお答えしよう。

b0000480_1827886.jpg 写真(クリックすると若干拡大すると思う)は、冬に近い秋という、平日には殆ど人が泊まっていないと思われる時期に泊まった宿で、浴場に誰もいないことを確認し、脱衣所からセルフタイマーで撮られているんだ。もちろん三脚なんてものはないので、よく温泉にある竹で作られた例の椅子の上にカメラを置き、まずは何もない状態で撮影し、全体の雰囲気を掴む。そして、その後はセルフタイマーを10秒にセットし、何回かポーズを変えて撮影に臨むわけだ。もちろん濡れた手でカメラを触ることはできないから、ハンドタオルは必需品。1枚撮る毎に湯船から上がり、手を拭き、撮影された画像を確かめるといった、非常に地味な作業だから、こんな時に誰かが入ってきたらホント恥ずかしいことこの上なかったろうね。
 暗い空間のためシャッタースピードが遅く、しっかりと静止していないと手ブレと同じような現象になってしまうし、シャッターを押してから10秒しか時間がないため、水面もなるべく波立たせないような配慮をとらなければならなかったり、あまり複雑な姿勢をとる事ができなかったりすることが若干悔しい点だ。といってもこんな写真を誰かに撮ってもらうこと、つーかそもそもこんな写真を撮ろうと思う人間自体、滅多にいないんだろうけどね。

 ベース筋さん、こんなところでいいかな?
 それでは、今後ともみブログをご愛顧の程、ヨロシク!
[PR]
by hidemite | 2006-12-12 18:28 | 写真
【不安】 よくわからなくなってきた
 先日、会社の調子が良いということで、社内の食堂が無料開放されました。つまりは昼飯いくら食ってもタダって事。1日限りではありますが、貧乏性の私は、ここぞといわんばかりに食べましたよ。まあ、皆さん考えることは一緒で、普段はそこまで伸びたことのない行列が1時頃になってもまだあるという状況。社食にしては高いし美味しくないよねとの評判があちこちでまことしやかに囁かれる中、タダという言葉は何物にも勝るものなのだと実感した今日この頃、皆さん如何お過ごしでしょうか。因みに普段はおかず1品+小鉢+ご飯セット大盛りでだいたい500円強のところ、おかず3品+小鉢+牛丼+サラダバーで1360円分も食しました。カウンター越しのおばちゃんから「次の人は何にしますかー?」と聞かれた問いに対して「ああ、全部下さい」と答えた私。今日に限ってはそんな注文をしている人もいるようで、普通に応対してくれました。本当はトレイに乗りさえすればもう1品食べようと思ったのですが、流石にトレイ2つはやりすぎだろうということで、1つのトレイに載せられる限界まで挑戦した結果、上記のような金額となりました。もし次回あるようなら1500円越えを目指そうと思います。こんなバカなことができるのも若いうちですし。

 話はうってかわって仕事に移りますが、最近ヒマではなくなったものの、どうしていいかよくわからなくなってきました。まあ、進行中の仕事に途中から加わるなんて事は、どこの場所でもよくある話。私もその一人となってしまいまして、現在非常に悩みながら仕事をしています。ただ、その仕事、おそらく本来はある程度現場の仕事を経験してからのほうが、人脈や考え方などで有利だと思っていて、私のように非現場で仕事してきた人にとって役立つことがどこにあるのだろうかと不安に思っているんです。上司はそんなことはないと言ってくれていますが、正直本当は即戦力となる人のほうが良かったんじゃないですかと聴きたくなってしまうような感じで、私に何ができるのだろうかと、日々考え、悩み、提案し続けています。
 まあ、そんなこと言っても仕方ない。私は上司の期待にこたえられるよう死に物狂いに提案していかなければなりません。でも何を提案したらいいのだろうか、実際のところ上司が本当に欲しがっているものについても、その上司自身が忙しく、まともに会話できていないのが実情です。その状況がどうなんだろうって話もありますけど、きっとこれが社会であり、会社であるんでしょうね。そのなかでも希望の光は絶えず降り注いでいるものだと信じて仕事をします。

 しかし、しんどいね。
[PR]
by hidemite | 2006-12-12 17:27 | 取り急ぎ愚痴