<   2006年 02月 ( 15 )   > この月の画像一覧
【温泉】 綱島温泉へ行く

 雨降りしきる中、しまい忘れていた洗濯物を慌てて取り込み、

 こっそり綱島温泉へ行ってみた今日この頃、皆さんは如何お過ごしだろうか。


 何故行ったのか、特に理由はない。

 敢えて言うとすれば、東急線の土休日回数券の期限が今日で切れてしまうからだ。


 土休日回数券は、その名のとおりいわゆる「お休みの日」にしか使用できないが、その回数券の発行枚数はハンパなく、なんと14枚も発券される。260円区間であれば、2600円で14枚ということになるから、1枚あたり186円ということになる。有効期間は3ヶ月なので、7回横浜との距離を往復すれば使い切るから、およそ24分の7(土日2日×4週×3ヶ月=24)ということで3週間に2度使用するペースであれば断然お得だ。
 しかし、今日のように、たまたま使わない期間が何週間か続くと、当然の如く使い切れなくなってくるわけで、そうなるとなりふりかまわず使わないと損した気分になってしまう。当然10枚以上使い切っていれば損することはないのが、この日記でも再三述べているように貧乏性の私としては決して無視することのできない額なのである。そこで、なんとかして使い切ろうと考えるに至ったのが、



 なんか今日疲れたから、銭湯にでも行くかな。


 …そういえば、「綱島温泉」ってなかったっけ?




 そうだ、綱島へ、行こう。





 その思いつきで綱島へ。駅を降りたものの、綱島温泉らしき看板もまったくなく、地図を見ても載っていないので、「ああ、これは駅からバスでも乗るのかね」と思いながら、バスの停留所案内を見ても一向に「綱島温泉」の文字はない。



 「しまった、ガセネタか!」



 と一瞬脳裏をよぎったが、早まる前に一度駅員さんに確認してみたら、



 「ああ、東京園ね。その信号を右に曲がって1分でつくよ。」




 …ん?東京園?



 どうやら綱島にある温泉のお店の名前は東京園というのだそうな。







 しっかり温まらせていただきました。まさに健康ランド。



 途中で電気風呂なるものにも入ったのですが、結構電気の力が強く、若干電気椅子我慢大会状態に。始めは指先が感電したときのように痺れ、徐々に慣れてくると痺れはなくなるが、気を抜くと指がグーの形になろうと縮こまるのよね。さらに容赦ない電流が私の腰とお尻と腸を直撃し、なんともいえない感覚が私を襲いました。


 入浴料は400円。東京の銭湯と同じ価格ですので、広さと面白さで考えたら、オススメできる選択肢だと思いました。まあ、次行くのは何年後か知りませんけど。
[PR]
by hidemite | 2006-02-27 02:28 | 日常
【映画】 純粋な心、信じる心

 本日、「オリバー・ツイスト」を鑑賞。

 色々思うところありましたが、一番印象に残っているのは

 やはり、女性は強いということ。




 ああ、今流行の鬼嫁とかそっちの方向ではありません。




 主人公オリバー(男)の何度も辛い立場におかれてもめげない姿よりも、

 自身の身の危険も顧みず、オリバーをなんとか助けようとしたナンシー(女)のその姿に

 深く心を打たれました。結局殺されてしまいましたが。



 私だったら、いや男だったら、同じことができていたでしょうか。

 少なくとも私は、傍にいる人にすら何もしてあげられなかったことが多々ありました。

 その時点で既に人間失格であったりもするわけです。

 同じことができたかどうかという土俵にすら立てません。




 純粋な心を持つ主人公は、生き抜くために、様々な人と出会います。

 生き抜くために、自分の本意でないこともしなければなりませんでした。

 その時代ではこの物語がごく当たり前のことだったのか、わかりませんが、

 少なくとも、人は一人では生きていけないということを改めて認識しました。



 そして、信じる心は、大切なものでした。
[PR]
by hidemite | 2006-02-25 01:36 | 日々思考
【理系】 ああ、こんなかんじなのね。

 もう連載が200回にのぼるそうで。

 毎日一話づつ読んで、磨きをかけていこうと思います。


 MYCOM PC WEB:理系のための恋愛論
[PR]
by hidemite | 2006-02-22 01:08 | ひとくちメモ
【桜】 季節はもうそこまで来ているというのに

 伊豆の桜はもう春を迎えようとしていた。



b0000480_192877.jpg





 俺の春は、いつ来るというのか。もとい来るのだろうか。




b0000480_1123894.jpg




 ああ、せめてこいつのように自由に、そして颯爽と飛び回れたらいいのに。
 (ちなみに口に咥えているのはかっぱえびせんです。)
[PR]
by hidemite | 2006-02-18 01:17 | 写真
【風邪】 馬鹿ではなかった
 最近調子悪い日が続いていたりなんかして、昨日は久しぶりに深夜まで残業してしまったものですから、どうやら無理がたたって今日の朝は起きる事が出来ませんでした。さすがに電話くらいはしないと無断欠勤になってしまうという意識はあったのですが、いかんせん体を動かして電話をかけるという行為まで行き着かない。気力を振り絞ってなんとか連絡はついたのですが、相変わらずだるい状況は続いたので、おとなしく布団にもぐりこみ、「ああ、馬鹿は風邪引かないっていってるから、俺は馬鹿じゃなかったんだなあ、よかった」とどうでもいいことでホッとしてしまったまさに今日、皆さん如何お過ごしだったでしょうか。夕方になると若干回復の兆しを見せ、なんとか普通の生活を送るレベルまで回復した模様です。明日からは出張なので、無理せず頑張る事にします。今日は冬にとっては死ぬほど暑かったですが、明日は死ぬほど寒くなるということで、気温の変化が激しそうです。皆さんもお体には気をつけて。

b0000480_12709.jpg そんなそれなりに元気のあった昨日のことでしたが、今回の出張で、実は2名ほど定年を迎えられる方がいるということで、幹事でもある私はプレゼント選びに苦労をしました。そんななか、これがいいのではないかとお勧めの商品を教えてもらい、ワイングラスをプレゼントすることに。トップテンという名のワイングラスは、鉛を使っておらず、割れにくいことで有名だそうな。ここワインパートナーで購入しました。んでも、この通販では包装はしてくれないということで、仕方なく自分ですることに。昔文房具屋で働いていた杵柄ということで、時間はかかりましたが、なんとか形にはなりました。こういうのって、センスが問われるんですよねぇ。普段おしゃれに気をつけていない私にとっては、色の組み合わせは難関中の難関でしたよ。ちなみに赤リボンが女性用、青リボンが男性用です。
 それにしても、ホームページではわかりませんでしたが、意外にこのワイングラスは大きい。なんせ箱が30センチ四方で、高さも10センチ。1つのグラスの大きさに換算すると、直径9センチの高さ25センチといったところでしょうか。居酒屋のワイングラスでおなじみの私にとっては、その大きさにビックリしてしまいましたよ。後でホームページ見たら大きさ載ってましたね。ま、ゆうたろうのワイングラスには到底かないませんでしたけど、ええ。

 というわけで、今日は早めに就寝し、明日の出張を無事に終えられるようにしたいと思っています。でもその前に、今日休んだ分の仕事を朝早く来てしなければなりません。ああ、1日休んだ分の代償って、けっこうしんどいものですね。
[PR]
by hidemite | 2006-02-15 20:09 | 日常
【滑走】 ファンスキーという名のスキー
 今日は、朝の6時に起きて日帰り大スキー大会。参加者は5名。新幹線で越後湯沢まで行き、その後バスに乗って岩原スキー場へ向かいました。今日の天候はそれなりに最悪。たまに日が出ることもありましたが、殆どが雪と吹雪。もうリフトに乗っているときは前から横から風とともに雪が来るもんですから、どうやっても防ぎようがない。顔が凍傷になるかと思いました。
 越後湯沢の駅に着いた時、私のことを実名で呼ぶ覆面の女性が…何事かと思ったら、会社の人でした。ああ、本当の覆面ってわけではなく、首巻で口元が隠されていたので、私からは目しか見えていなかっただけです。それにしても、こんなに広い世の中なのに、偶然ってのはあるもんなんですね。これが独身の方だったりすれば運命的な出会いとでも言えるのかも知れませんが、既に結婚している方でして、隣には夫がいました。いやー、非常に仲睦まじい感じで、うらやましかったです。

 話がそれましたが、今回は、主催者がファンスキーという、ストックのない短いスキー板を持っていたので、全員それをやることに。私はいままでスキーとスノボーしかやったことがないので、初体験となります。
 その割には、無難に滑る事が出来、非常に面白い雪山体験となりました。なんせ板が短いもんですから、左足と右足が交錯することが殆どない。昔はあれをやっている人はストックもなくて大丈夫なんだろうかと思っていましたが、意外と平気なもんですね。かなり無理が利くので、強引に曲がったりすることも出来、はじめさえ慣れれば、もしかしたらスノボーよりも簡単かもしれません。
 私の記憶が確かならば、殆どの1泊2日プランは、日曜の午前中で終わりなはずです。きっとそうだからだと思うのですが、午後には人の数は半分になってしまいました。上のほうのリフトは待ち時間なしで乗れてしまうくらい。おまけにスキー場も結構広く、雪も降り続けており地面もほぼ常に新雪の状態が保たれていたので、とても伸び伸びと滑る事が出来ました。

 もう、2年ぶりの雪山だというのに、初めてのファンスキーだというのに、無謀にも上級コースに果敢にアタックしてコブ関係なしに縦横無尽に滑りこけたり、回転やジャンプに挑戦して成功したりこけたり、今の歳でしかできなさそうなことばかりやりました。打撲こそなかったものの、おかげで明日は筋肉痛になることでしょう。滑り終えたときは、こけすぎたせいか、両腕がボーリングを4ゲームぐらいやった後の感じになっていました。足の甲を伸ばそうとすると、いつもより大きな痛みが走っております。
 最後に温泉に入って、うどんすきを食って終了。帰りの電車では思わずいびきをかいて寝てしまい、大顰蹙を買いましたとさ。

 やはり、日帰りではなく泊まりで行きたいものですね。
[PR]
by hidemite | 2006-02-12 23:58 | 日常
【晩餐】 最後のカレー
b0000480_14443877.jpg やっと、カレーらしくなりました。事情により木曜日は飲んでましたので、昨日の4回目の食事にして、ようやく私の追い求めていたカレーになった気がします。でも、これで最後のカレー。食べてしまうには惜しい気がして、半分に分けようかとも思ったけど、別にそこまでしなくてもいいやと思いとどまりました。このような悲惨な結末を既に目の当たりにしたことがあるので、さすがに冬とはいえ、1週間も調理場に置いておくのは気が引けます。圧力鍋が入るほど大きな冷蔵庫でもありませんので。

 明日は友達と雪山に行ってきます。
[PR]
by hidemite | 2006-02-11 14:55 | 料理ネタ
【映画】 私の愛した数式
 映画を見に行くようになって3回目、なんだかんだいって今週は若干忙しかったので、今日迄に事前調査ができず、いきあたりばったりとなってしまった。銀座の駅を降り、6時25分。6時半からの映画は間に合わない可能性があるので、40分以降に上映を始めるものを探す。まあ、10分位事前告知とかが流れているので入れなくもないんだろうけど、映画館が暗くなってから入るのはちょっと迷惑かなと思いまして。いくら本編でなくとも、通路に人影ができるの、嫌なんですよね、自分が。だから自分がされて嫌なことは極力しないようにと思いまして。んで、いつものように事前にチケット屋に寄り、前売り券を購入。セコイかもしれませんが、たった5分歩くだけで300円~800円も得をするもんですから、レディースデーを活用できない男子としては使わない手はありません。

 んで、「博士の愛した数式」を観ました。またまた邦画です。
心が暖かくなるというか、素直に感動できた映画だと思います。特に数学が苦手な人は、この映画を見て多少なりとも数学への興味がでてくるんじゃないかなとも思ったり。
 80分しか記憶の持たない博士、その家に勤める家政婦、とその息子。家政婦一家は物分りがよすぎやしないか?と首をひねりましたが、それはおいとくこととします。徐々に打ち解けてきたような雰囲気になり、3人はまるで本当の家族のようで、ほんの少しずつ博士も記憶ができるようになったのかもしれないと錯覚してしまいます。家政婦も、その息子も、そして映画を見ている私達も、博士と過ごした日々がどんどん心に積もっていきます。しかし、彼は言うのです。

 「僕の記憶は 80分しか もたない」

 私自身、今までの人生の中で、記憶喪失やボケなどの記憶障害というのは聞いた事がありますが、(ある事故を境に、その事故以降は)80分しか記憶が持続しないケースというのは聞いた事がありませんでした。それだけに、私にとっては非常に不思議な世界の話となったのです。


 「君の靴のサイズはいくつかね?」「…24です。」「素晴らしい、実に潔い数字だ。」

 数字に対して、「潔い」なんて感情を持ち合わせていませんでしたから、この台詞は非常に印象に残っています(この対話がひとつのキーポイントでもあったりします)。偶然に続く偶然が、様々な数の結びつきを示します。数学者なら知って当然の数字かもしれないのでしょうが、我々ごく一般の学校から離れて数年経ってしまった人間にとっては、まったく縁のないものだったりもして、非常に新鮮でしたし、勉強にもなりました。

 eπi+1=0

 話中に出てきたこの数式が、おそらく博士の愛した数式なのでしょう。この式はオイラーの公式。πは円周率、iは虚数、eは自然対数の底をあらわします。πとeは数値で表そうとすると無限に続く無理数であり、iは√-1なので数値で表すことができない虚数。この、無理数と虚数が織成す数値は-1に等しいというのだから、数学は奥が深いですね。


 本編では様々な数学的な知識に出くわしますが、難しい暗号は一切出ないので、数学の知識がなくてもすっと入ることができます。もしかしたら数学に興味を持ってしまうかもしれません。久しぶりにこの世界に触れて、とても充実した気分になりました。今度本も読んでみようと思います。


 この映画を見て、諦めきれない先生の世界への気持ちが、少し増えたような気がしました。
 できることなら今の仕事と先生の仕事、両方やりたいんですけど、無理ですよねぇ。
 うーん、どうしたものか。


 ああ、私は数学に愛を持って接していなかったので、愛した数式はありません。唯一心に残っているものといえば、数式ではありませんが、江頭2:50の「サイン・コサイン・タンジェント」というラップ調の台詞でしょうか。因みに、「flash 接点」と検索すると、ラップで数学が学べ…ませんが、思わず最後まで見てしまう有名な映像を見ることができます。
[PR]
by hidemite | 2006-02-11 03:01 | 日々思考
【W-ZERO3】 VGA計画-こんな表示 その2
 VGA化したあとの画面は、こんな感じ。
b0000480_17371620.jpg
左:Today画面。不在着信・メールなどの項目の表示に不具合(多分アイコンの大きさでしょうか)。tdLaunchは今までの設定のままだとダメですね。当然スタートメニューの表示も小さくなります。
右:電話の画面。上下のバーのサイズが意識されているからか、下のほうが空いちゃいました。予定表も同じような表示になります。番号の表示のつくりだけQVGAになってますね。発着信のときも文字は小さくなります。


b0000480_1744581.jpg
左:メール画面。いつもより目を近づける必要がありますが、縦表示でもパソコンのメールと同等の表示量が確保できます。っていうか標準でもこれくらいの表示はできるか。
右:プログラム画面。スクロールなしで表示できるのは素晴らしい。ただ、これだけのアイコン数があるとQVGA・VGA問わず表示に時間がかかります。


b0000480_1749597.jpgb0000480_17521842.jpg


 左:OzVGAの設定。取り敢えず適当に設定。ここをいじればもうちょいマシになるのかな。
 右:Todayの横画面表示。マナーモードのボタンが異様に大きく見えます。



 私はスタイラスをなるべく使いたくない人なので、結局逆効果のような気もしています。でも、VGAにすれば、下部にカレンダーとかも表示できるしなぁ。せめて不在着信とEメールとライトメールが1行におさまれば、こんなこと考えなくても済むのかも。

 つづく。
[PR]
by hidemite | 2006-02-10 17:59 | W-ZERO3
【W-ZERO3】 VGA計画-入れてみたけどやっぱりやめた
 仕様という名の下、折角のVGA画面が台無しな状況になっているわけななのだが、色々なホームページでW-ZERO3のVGA化が成功しているとのことでしたので、取り敢えず試してみた。

 結論、今のところは別にいいや。ということ。

 参考にしたのはここ「SOHO MIND」。ただ、このHPの通りにやろうとしたら、windowsフォルダへのコピーの際に「instmsgrresources.96.dll」と「pmsnresources.96.dll」の2つのファイルがどうしてもコピーできなかったので、一度miniSDにコピーしてからGSFinder+でコピー。その後cabファイルを実行。
 このままだと電話関連のコントロールパネルの表示がへんてこ人なるらしいが、その対策パッチもここ「なんでも日記」でcabファイルが公開されているので、実行すれば良いらしい。
 んで、最後にOzVGA.exeを実行し、何も考えずに「Apply&Reset」ボタンを押す。そうすると勝手に再起動処理を始め、willcomのロゴが消えたとたん、新世界へと突入する。

 …ち、小さい…そして画面が、広い…

 時間が来たので、続きは次回。
[PR]
by hidemite | 2006-02-09 18:55 | W-ZERO3