<   2005年 04月 ( 16 )   > この月の画像一覧
【緑】 ゴルフをしました

 昨日は、夜1時半に寝ました。

 今日は、早朝5時に起きました。

 7時には、千葉にいました。

 8時には、緑に囲まれる中、白球を飛ばし続けました。

 10時半には、昼休憩を取りました。

 13時半には、1日のプログラムは終了しました。



 今日のスコア、119。

 ショートホールで、初バーディーを取りました。

 ティーショットが成功した時は、ロングホールで2オンしました。

 でも後半は、いつもの通りボロボロでした。

 それでも、約半年振りのゴルフ、良くここまでできたなと自分で驚いています。

 一緒に回った人から、もっと簡単なクラブを買ったほうがいいと勧められました。

 お金をそこに注ぎ込む勇気がないので、いまは保留中です。



 朝が早かったので、眠気は最高潮。

 そして、早くも身体の各所に筋肉痛が出始めています。

 天気がよかったこともあり、焼けました。

 きっと、明日はもっといろんなところが痛いんだろうな。
[PR]
by hidemite | 2005-04-30 23:51 | 日常
【検査】 いたって陰性
 今まで目をつぶっていたのですが、さすがに最近は社会の矛盾を気になりだしたりして、私一人の力ではどうしょうもなかったりしちゃうので、結局のところ諦めている自分がここにいる今日この頃、皆さん如何お過ごしでしょうか。しっかし、今会社全体でいろいろな問題が噴出しているんですけど、新入社員の目にはどう映っているんでしょうね。私なんかは勘がいいほうだったりするので、とはいえ間違って受け取っているかもしれないですけど、今の会社のままだと崩壊するよなーと思ったりしていて、早く経営陣が謝っちゃえばいいのにと考えたりもしちゃっています。てか、入社4年目の人間にそう思われちゃー未来もヘッタクレもないと思ったりしちゃうんですけどね。
 先日日記で勝手に賑わさせていただいた血便の件ですが、あっさり陰性だという結果で、結局のところ単なる切れ痔だったということが判明しました。ま、採便しているときはもう血の確認が出来ていなかったのでうすうす思ってはいたのですけど。にしても、ハッキリと血が確認出来ちゃったんもんですから、今でもあん時は相当だったんだなーと思ってしまいます。医者が言うには、40代だったら陰性でも検査を強く勧めるそうですが、さすがに20代ではそこまでは言いませんよとのことで、まあ、だいぶホッとしています。というわけで、そろそろ完全復活も近いかな。んでも、最近は朝起きるのがだいぶ辛いんですよね。低血圧なのかもしれないなー。
[PR]
by hidemite | 2005-04-26 22:31 | 日常
【日記】 最近の日常
 風邪をひいていたということもあって、ここ2週間めっきり酒を飲んでいなかったら、いやいや、一気にくるもんです。先週の土曜日に4杯ほどたしなんでしまったら、いつものようにお店で寝ていたのはいいのですが、いっこうに気分が優れず、店を出る時もフラフラだったりして、結局車で来ている人に送ってもらい、家に帰るや否やそれなりに頭痛がしちゃったりして、眠りにつくのにひと苦労だった今日この頃、皆さん如何お過ごしでしょうか。因みに私、酒を飲み始めていた頃はいざ知らず、最近は専ら気持ち悪くなっても吐く事だけはやめようと心に誓っておりまして、おそらく吐けばいいのに大我慢大会が繰り広げられることもしばしば。だって、折角食べたものも戻してしまうということは、貧乏性の私にとってはものすごく勿体無いと思ってしまうのです。ええ、もちろんそんなこと考えてる余裕があったら最初から飲むなというのはごもっともですけど。そんな中、だいぶ脈絡もヘッタクレもあったもんじゃありませんが、私は以下のようなことをして生きています。うーん、だいぶ体調も回復したもんだ。


 先日2週間ぶりに洗濯をし、溜まりに溜まった洗濯物を一気に干しました。

 数ヶ月ぶりにトイレの掃除をし、それなりにすっきり綺麗になりました。

 これまた数ヶ月ぶりにガスコンロの受け皿などをスチールウール片手に、
 ゴム手袋もしなかったもんですから、手の皮が数枚むけるくらいの勢いで洗い、
 やっぱり暫く洗っていなかったせいか、全部は落ちなくなってしまいました。

 更にまた数ヶ月ぶりにユニットバスの排水溝の掃除もし、悪臭立ち込める中、
 てかマジで臭かったんですけど、自分の盛り沢山の垢を取り除き、
 それなりに耐えうるかたちに致しました。

 スーパーオオゼキで冷凍食品半額につられ、冷凍食品を買ったら
 ただでさえ狭い冷凍庫がこの上なく満杯になってしまい、
 まるでパズルのようにはめ込まないとたちゆかなくなってしまいました。
 ええ、多分何も買わなくても2ヶ月はもつでしょうね。

 目の前にある砂時計をひっくり返してみました。
 多分3分後に終わるんでしょうけど、それまでに飽きてると思います。

 もうだいぶ春なのに、未だにコートを着ていますが、
 やっぱりそろそろ、周りのことを考えて着ないようにしようと思います。

 連休初日、上司の家に行ってペンキ塗りをしに行くことになりました。

 少なくとも、あと2年は今の会社でサラリーマンをやろうと思います。



 ほら、数日前に比べて、だいぶ前向きになった気、しませんか?
[PR]
by hidemite | 2005-04-25 23:49 | 日常
【体調不調】 20代の憂鬱
 最近汚い話と体調不良の話ばかりしている気がしますが、それはいたって気のせいではなく、本当に毎日げんなりしたりしているわけで、更にはこのネタの偏り具合にげんなりしちゃっている今日この頃だったりしますが、皆さん如何お過ごしでしょうか。ああ、そういえば腸の具合を見るべく検便することになりまして、20代にして早くも2回目の検便をするという非常事態に陥っております。1回目の検便は入社1回目の健康診断のときに人事の人にたまたま渡されたのですが、実は40歳以上のみでよかったらしいのに、正直にトイレで採便をし提出したのは同期の中では私ただ一人だったようです。ええ、当然のこと異常はありませんでしたけど、後でそれを聞いてビックリしましたよ。そういえば、これやっている時に小学校の時のぎょうちゅう検査を思い出しました。肛門にうまくシールを合わせるの、大変でしたよね。
 最近は薬漬けの生活を送っていて、毎食後に薬を飲んではいるのですが、非常に回復がスローペースになっているので、本当に治っているんだかわからない感じです。なんか、薬に対する抵抗力が出来てしまっちゃったんじゃないか、と。確かに会社に入ってからこれだけ長引いているのは初めてだったりします。そんな中、周りの人間も体調が悪くなってしまい、私のせいではないと信じたいのですが、同じ部の人間が一人インフルエンザで一人マスク姿で一人早退して二人二日酔いで、もうひっちゃかめっちゃかな感じです。うーん、皆が元気な姿で連休を迎えられるといいですよね。
 さすがにこれだけ体調が悪いと、なんか毎日生きてくだけで精一杯になって、いつもの自分らしくありません。先週できなかった洗濯物ももう白い籠いっぱいというか溢れてしまっていて、しかも雨が降っちゃったりしているので、なかなか洗濯そのものが出来なかったりして徐々ににおいが気になりそうになってきていたりとか、部屋がいっこうに片付いていなかったりとか、春も半ばを迎えているのに未だにロングコートを着てマフラーをしていたりとか、なんか、折角社会人4年目になったのにこんだけ思い当たると、いいこと無しに見えてしまいます。と、文章ではかなり弱気なことを多々書いていたりするのですが、本人の気持ちは案外そこまで沈んでいなかったりすると思いたい今日この頃。今はただ前進あるのみと信じて、生きていくことにします。あれ?俺ってこんなに暗い感じだったか?
[PR]
by hidemite | 2005-04-20 22:44 | 日常
【箱根】 新しいロマンスカーで、箱根へ
 最近あまり体調が優れないという悲しい感じになりつつ、追い討ちをかけるように今日も大便をした後に便器を見たらやっぱり赤い血が浮かんでいたりしてげんなりしちゃっている今日この頃、皆さん如何お過ごしでしょうか。さすがにちょっと自分でも心配になり、インターネットで「血便 腹痛」とキーワードを入れて検索してみました。したら、出るわ出るわいろんなページが約21,900件もヒットして、取り敢えず先頭の何ページかに訪れたら、どうやら私の症状は単なる痔か、大腸炎のどちらかだそうです。確かに肛門のあたりも違和感があったりするんですが、それよりもお腹のほうが違和感満載だったりして、やっぱり医者に見てもらったほうが早いのかなとも思っています。でも、病院ってあんまり好きじゃあないんですよね。

b0000480_0432141.jpg 一昨日は死ぬほど風邪っぴき状態でしたが、昨日は何とか体調を持ち直し、朝っぱらから鉄道マニアの会社の同期とその彼女と乗り物好きの会社の人と小田急線を昔使っていた私の4人で新型のロマンスカーに乗ることになりまして、朝の8時45分には新宿駅にいるという平日よりも早起きで、さすがに眠い。同期が最前列の展望席を押さえていたため、新型ロマンスカーの最前列を占領して、約90分の小旅行です。いやー、いつ乗ってもロマンスカーは素晴らしいですね。前に運転手がいないのでいつもは決して体験することのない視界を独り占めでした。箱根に到着後、取り敢えずお土産買ったり散歩したりで1時間暇をつぶし、また帰りのロマンスカーに乗車。新宿駅には午後二時前に到着。経った半日で新宿と箱根を往復したバカどもは私たち4人以外にはいないでしょうね。でもその半日でだいぶ疲れてしまいました。その疲れ、実は今日まで残っていたりして、1日中ボーっとしてしまいました。今日は早く寝て、明日は何とか元気に行きたいものです。
[PR]
by hidemite | 2005-04-18 18:19 | 写真
【回想記011】 津和野~益田~江津
 色々と見学をしていたら、いつの間にか目的の列車の発車時間が迫ってしまい、慌てて駅のほうへ戻る。よく考えれば朝食もロクに食べていない状態でSLに乗り、降りてからも街散策にくりだしてしまったため、どんどんとおなかがすいてきてしまっているような気がする。というかもう既に時刻は1時を過ぎているため、昼食をとらないと腹ペコで死んじゃう感じだったりもするんですが、次の列車の時刻を考えると、到底優雅に津和野名物を食っている余裕などありません。というわけで、列車の中でもつまめるようなものを探していると、「津和野名物 源氏巻」なるのぼりを発見。大判焼きの生地のようなもので餡をつつむといういたって単純なものだったりしますが、とりあえず名物ということで購入。味はどうかというと…まあ、いたって普通です。つくりたてなので温かいというのが最大のラッキーポイントというくらいでしょうか。
 駅に到着すると、車両全身にカラフルな絵が描かれた列車が停まっておりました。「萩・津和野号」という、その名の通り萩と津和野を結ぶ快速列車です。私は、この電車に乗らないと大幅に予定が崩れてしまう為、指定券を購入したのですが、指定席に座っているのは私を含め、たったの2人しかいませんでした。ほかの自由席も、十分寝そべることができるくらいに空席が目立っており、結局のところ指定券を買わなくても良かったんだなーと思う、悲しい感じになってしまいました。ま、静かでゆったりできたので良しとしますかね。といいつつも、非電化区間になってしまっている為、列車は電気ではなく燃料で動いていることもあり、ディーゼルカー顔負けの轟音でエンジンがフル回転するため、たいして静かではなかったり。
 暫くすると山陰本線益田駅に到着。ここから北上するのですが、この列車は萩方面に向かってしまう為、乗換えをすることに。ここで、ついに1両ワンマン列車に乗り込むことになります。もう、特急以外では4両以上の列車を見ることはできないような、田舎感満載の旅が本格的に始まろうとしています。ゴトゴトゆられること1時間、江津(ごうつと読む)に到着。ここから、本日の宿に向かう為にはまた三次(みよしと読む)と江津を結ぶ三江線に乗り換えることになります。

b0000480_1925205.jpg

[PR]
by hidemite | 2005-04-15 19:26 | 山陰旅行記
【血】 なんじゃーこりゃー

 会社から家に帰ってきて、シャワーを浴びる前にトイレに入り、大きなほうをした。

 水を流してビックリした。便器に血が付着していたのだ。

 その時は疲れてぼーっとしていたので、

 ああ、生理の時はこれよりひどいんだろうなー、男でよかった、と思った。





 んでもってシャワー浴びてる時、しばらくして何気なく考えていたら、


 …

 …


 あれ?


 …

 …


 別に男にそんな仕組みはねーじゃん!



 ということに気が付いたのです。



 単なる血便ということになりますわな。



 一時間後、もう一度トイレに行く機会があったので、確かめました。

 特に異常なし。

 ってーことは、あの時の血は、何だったんだ!?

 真相は闇の中。

 



 だけど、心なしか、下っ腹が重く感じるのは気のせいではないような…

 まさか、ストレスか?

 やっぱり、謎だ…
[PR]
by hidemite | 2005-04-14 23:33 | 日常
【百】 通算100投稿目
 一昨日、昨日の風雨で、あっという間に桜が散ってしまい、私の近くの名物坂も週末の華やかさとは打って変わって、儚さが見え隠れするくらい緑色の割合が桜色を凌駕するようになってしまいました。それに追い討ちをかけるかのように昨日の夜からは2月並みの寒さということで、私も治りかけていた風邪がぶり返してしまう始末。寝る前までは何ともなかったのですが、布団に入りひとしきり眠りについた後、自分の体から湧き出てくる液体―汗―によって2度も起こされ、結局2度も着替えてしまった今日この頃、皆さん如何お過ごしでしょうか。自分でも怪しいとは思っていましたが、まさかそこまでとは思っておらず甘く見ていたが為の大失敗でございました。因みに今日家に帰って早速洗濯をしたのは言うまでもありません。今日2回汗かいてしまったらもう替えるパジャマもない状態だったりもして、今日は昨日より調子がいいのでそのまま安眠させてくれと願っております。

 そんな中3月の努力の甲斐もあって、今回の書き込みで100投稿目を迎えることとなりました。通算読者数も1000人を超えたようで、運悪くこのブログを読んでしまっている人々が延べ人数ではありますがいることになります。本来元気120%であれば色々と書こうと思っていたのですが、風邪が完全に治っておらず元気30%くらいしかないため、今日はそれなりです。ああ、最近こんなネガティブな感じばっかりなきがするなー。本人は至ってそういった感情は持っていなかったりしますが、体調はすこぶる良くないことだけは何とかせねばと思っております。

 今日はガイアの夜明けを見ました。中国の様々な経済発展と諸問題を取り上げたスペシャル版でしたが、その中のひとつのネタとして3年前から目をつけて取材をしていた一人の農村の少女の出稼ぎの姿が描かれていました。その少女は18年間その村で暮らし続け一度も出ることがなかったのですが、1年も経てば立派に組立工場で働けるようになり、3年後に戻ってきた時には、妹2人の学費の面倒を見ていながらも、大きな家が買えるほどの富をもたらすまでになっておりました。その健気に頑張る長女の姿を見ながら感動しつつも、その反対側ではまるで日本のバブルを想起させるかのように投資としてマンションを買い漁る温州人がいたりしてがっかり。必死になってしがみついて頑張っている人達と、金儲けのためにはあらゆる手段を尽くすことを惜しまない(これもある意味努力かもしれませんが)人達。私はしがないサラリーマンですから、当然後者のような人達をあまり良く思えるわけがありません。まあ、そういうことの出来ない嫉妬心というのもあるかもしれませんけど。しかし、組立工場のおそらく普通に考えても決して高くはない賃金で、3年も働けば大きな家が買えてしまう、都会と田舎とのおおきなる格差にはなんとなく知ってはいましたが、改めて数字を知るとただただ驚くばかり。中国はまだまだ様々な問題が山積みになっているんだなあと思いました。

 とにかく今は、目の前の仕事を完璧にこなしていくほかありません。サラリーマンとして、一人前になることを目標に邁進するのみ。ああ、その前に風邪、治さないトナー。
[PR]
by hidemite | 2005-04-12 23:47 | 日常
【日常】 花見と酒とバスケとカレー
 久しぶりに週末の天気が良く、桜も満開といった感じでしょうか。というか、既にもう散り始めているようで、桜の木がある場所は桜の花びらで出来た絨毯が道路を埋め尽くす場所もちらほら。きっと来週には都会から桜がなくなってしまうのかなーと思っていたら、かなり強風が吹いちゃったりして希望が絶望に変わっちゃった今日この頃。ちなみに明日は雨だそうで、それに上塗りしちゃった感じです。昨日一昨日と色々なイベントがあって、書き込もうと思う時は疲労感抜群だったため3日ぶりに記させていただきます。
 私は今週末は桜三昧といった感じでした。特に金曜日の夜は靖国神社で仲間達とワイワイガヤガヤ。まさに花より団子状態の如く、花よりビールでして、久しぶりに終電を逃すという悲しいオマケ付きとなってしまいました。んで、そんな悲しい状態の人が何人か集まってしまい、友人宅にお世話になることに。一人暮らしで1LDKといえば、まあ普通かなと思っていたのですが、広さが違ってもうビックリ。てか、普通に2人住めそうな感じなんですよね。かといって独身男の部屋らしくない、非常に綺麗な部屋でした。んで、結局うっすらと夜明けが感じられそうな、4時間ぐらいの時間をトークに費やして、軽く就寝。翌日は10時過ぎに起きましたが、さすがに遅くまで起きていた事と、十分すぎるくらい酒が入っている事が影響してかなりけだるい感じ。その後実家に置いてある車を点検に出すために、眠くなりながらも家路へと就きました。
 さらにバスケ三昧でもありました。昨日は東京、今日は横浜。もうう昨日なんて、そんな死にそうな状態だったもんですから、だいぶ遅刻した挙句、プレーも散々。いつも行く飲み会も、さすがにしんどくてキャンセルしました。そして今日も、まだ完全に回復していなかったりして、1試合目だけは調子が良かったものの、2試合目以降は笑いの神様がたっぷり降りてしまい、ゴール下の超簡単シュートも外すという、まさに悲しさ満点で、チームの皆様には大変なご迷惑をかけてしまいました。夜食にはカレーをたしなむ。
 そして今、そいつらの疲労達がピークに達しているのでしょうか。体中がアツく、燃焼している感じです。まあ、2日連続のバスケ後は大体こんな感じなので、布団に入って睡眠とれば朝はスッキリとするはず。てなわけで、オヤスミナサイ。
[PR]
by hidemite | 2005-04-10 22:08 | 日常
【回想記010】 津和野 その2
b0000480_1043612.jpg ガイドブックによるともう少し先まで歩くと鴎外記念館やら民芸館やらがあるらしく、時計の針を気にしながら活気あふれる(といっても人はそれほどいない静かな)街をちょいと離れ、人気の全くない道路をただただ歩き続けます。さして太陽も見えていない雲いっぱいの空のなか、右手に多くの鳥居と、左手に大鳥居を見ながら、一日に数本しか走らない鉄橋の下を潜り抜け数分経つと、森鷗外記念館なるものが右手に登場。
b0000480_10301555.jpg 森鷗外さんといえば色々な文学作品を世に出していて、「舞姫」とかが有名だったかと思います。思います、というのも私、コンピュータばっかり触っていれば平穏無事この上ない人生、小学校から大学まで通して国語の成績はさっぱりなもんですから、文学作品なんてものには手を出すわけがなく、結局日本の文化には触れない毎日で今に至っており、実は森鴎外さんのことについても全く知らないのです。唯一覚えているのは髭が生えている写真くらい。てか、この頃の偉い人はみんな髭、生えてるか。結局私はなんも知らないんですよね。
b0000480_10481857.jpg 独立した専門的な記念館としては世界で初めてのものらしいのですが、バッチリ入館料をとられてしまうらしく時間もない事もあってさすがに入館することはあきらめました。上の写真は森鷗外さんが昔住んでいた家らしいのですが、これを見るのにも実は100円必要だったりします。まあ、メンテナンス料と考えれば決して高くないので、こちらはしっかりお金を払って見ることに。因みに右の写真は森鷗外さんの勉強部屋だとか。意外に綺麗に保たれていてビックリ。真ん中の格子状のヤツいったい何なんでしょうね。その解説はどこにも書いてありませんでしたが、他の部屋にもあったので、簡単な机みたいなもんなんですかね。まさか囲炉裏とは考え辛いし。
 このあと民芸館に行きましたが、ここ津和野は和紙の名産地らしく紙漉きを見学することが出来ました。見学がてらビデオ撮影にいそしんでしまった為、写真を撮るのを忘れてしまったので雰囲気だけ記します。水槽の中に紙のもとが入っていて、それをひらべったいざるのようなもの(簾桁:すけた、というらしい)ですくって何度か揺らし、ある程度透き通った色になったら脱水台の上に重ねていきます。ある程度枚数が揃ったら上から重石を載せて水気を抜き、その後、地面とほぼ垂直に立っている全面スチームアイロンのような乾燥台に載せて刷毛で整えて綺麗な一枚の紙の完成です。いやー、神業です。見てると簡単そうに見えますが、おそらく大変な熟練を必要とするのでしょうね。今度機会があったら体験したいと思います。その後、お土産ショップに入り、和紙の手紙セットを購入。母親にプレゼントしようかな。

 そろそろ電車の時間が気になってきたので、駅へ戻ることに。行きはとにかく目的地を目指していたのですが、帰りは街並みを見る余裕があったので、ゆっくりと歩いておりました。そしたら下の写真のようにとても古めかしい看板があったので記念に撮影。なんか聞いたことのある「リッカーミシン」、そしていつの時代の自転車なんだかわからない「ブリヂストン自転車」。また、昔ながらの雰囲気が感じられる家の数々、住んでいる方には失礼かもしれませんが、昭和の雰囲気がまだまだ残る場所でした。
b0000480_1134625.jpgb0000480_11172242.jpg
[PR]
by hidemite | 2005-04-07 11:55 | 山陰旅行記