カテゴリ:料理ネタ( 121 )
【出汁】 小鯵のにぼし
b0000480_9443472.jpg
 先日、とある物産展で小鯵のにぼしというのを見つけた。にぼしといえば大抵がカタクチイワシだが、試食してみるとこのままで結構美味しかったので、早速購入した。以来、味噌汁を作る際には、このにぼしを1つつまみ食いして、2つ鍋に入れて出汁をとっているのだが、なんとなくいつもより美味しくなったと感じるのは、自己満足だからだろうか。

 そんな小鯵のにぼし、レアなものだと思っていたら、Amazonでもあじの煮干を取り扱っている店があるくらい普通の素材なんだね。ちょっとした気持ちの入れようで普段の食事が美味しくなるなら、いいよね。
[PR]
by hidemite | 2014-11-28 21:34 | 料理ネタ
【吉野家】 牛バラ野菜焼定食
 先日、吉野家の牛バラ野菜焼定食を食べる機会があった。

 結論を先に言うと、これなら日高屋のほうがいいやと思ってしまった。

 味は悪くないし、火付の鉄鍋なので、いつまでもアツアツなのはいい。

 だが、猫舌の私にとっては、アツアツ過ぎて食べられないのだ。

 結局ご飯の上に盛って冷まさないといけない、というなんとも虚しいことに。


 最大のマイナスポイントは、火がついている間に食べ物を取り切ると、

 タレとかの残り物がパチパチ跳ねること。

 ステーキ屋じゃないんだから。

 しかも、火を途中で止めるのは難しいので、ゆっくりすることもできない。

 私は申し訳ないと思いながら、店内の紙ナプキンを被せてしまった。


 いや、味は普通に美味しいんですよ。吉野家としては頑張っている。

 ただ、開発した人は、この飛び跳ね問題は気にしなかったのでしょうか。

 牛すき焼き定食は、アイデアも味も良かったけど、

 こちらはあまり伸びなさそうな気がした今日この頃、みなさま如何お過ごしでしょうか。



[PR]
by hidemite | 2014-08-05 08:56 | 料理ネタ
【麺】 レモチキ&ガリバタvs富士郎
 度々実験的に発売されるスーパーカップの種類違い。今回はレモチキとガリバタの2種類が発売された。
b0000480_1211257.jpg

 「やみつきスープ宣言」と語っているようにスープの味に特徴を持たせたわけだが、まだまだインスタントラーメンには限界があるなあと感じた。ガリバタはまあよくあるバター風味のラーメン。どちらかと言うとレモチキのほうが心なしかレモンの香りがするなどサッパリした印象を強く受けた。麺はいつものスーパーカップなので、全体的にはハズレではないんですけどね。

 それよりも同じタイミングで購入したサッポロ一番の「富士郎」がすごい。フタが下、パッケージが逆さまの状態で陳列されていて、富士山を意識したイメージのインパクトはもちろんのこと、キャベツが沢山入っていることに驚いた。サッポロ一番はどれも野菜が多いから得意なのかも。

 豚骨醤油味で太麺は意見がわかれるかもしれないけど、悪くはない。唯一の難点は、高さがあるので、底まで箸を入れるとスープに手がつきそうになってしまうこと。キャベツが多いのは嬉しいが、意外にもキャベツがどんどん沈んでしまうので、掘り起こしていかないと麺を食べ終わった後に「大量の」キャベツと遭遇することになる。逆に言えばそれだけキャベツが多いということなのだ。食べ終わった後、いつものカップ麺よりも充実感があったのは本体そのものの美味しさもそうだが、この大量のキャベツも要因の一つだと思った。

 昔はでかまるなどで生のもやしが真空パックに入っていたりもした。見かけだけでもこうした野菜が取れることは嬉しい。最近は麺の凄さ、スープの美味しさばかりに追求の手が及ぶが、具の方の充実も図ってほしいなと思うきょうこのごろ、皆様如何お過ごしでしょうか。
[PR]
by hidemite | 2014-05-07 15:09 | 料理ネタ
【秋刀魚】 春だけど
 ふと弁当屋の前を歩いていたら、おそらく鯖であろう、魚を焼いた香りが鼻を刺激し、これは今日の夕食に魚を食べるしかない、と思い立ったものの、だいたい鯖は半身2切れ以上しか置いていないので、一人暮らしの身としては、食べきれず、かといって余ったもので鯖の味噌煮を作るほど気力が有り余っているわけではないので、結局サンマで落ち着くことになった今日この頃、皆様如何お過ごしでしょうか。サンマは漢字で秋刀魚と書くくらい、秋が旬ではありますが、今でも一部のスーパーにはあるものです。さすがに油の乗りは旬の時期に敵いませんが、十分美味しくいただくことができました。真ん中はさつま揚げとちりめん。右はきゅうりと大根とおくらのサラダ(ツナ入り)です。
b0000480_16341892.jpg

[PR]
by hidemite | 2013-03-24 22:28 | 料理ネタ
【真空】 パスタクッカー
 うさぎの耳の形をしたペッパーミルが壊れてしまったので、この際ということで、ソルトミルとペッパーミルが合体したココソルパ ブラックを購入。挽く歯がセラミックとかではないけど、1000円以下という安い金額で買えるのなら試しに買ってみようということで、現在購入から1ヶ月が経ちましたが、特に問題なく使用できています。今やこんな小額でも、配送を無料にしてくれるとは、なんと太っ腹、ということで、せっかくならもう少しなんか買おうと、再びamazonを探検しているとTHERMOSの真空断熱パスタクッカーを発見。確か沸かしたお湯を入れれば、パスタが簡単に作れるやつだよな、と思い、思わず購入してしまいました。

b0000480_253296.jpg

 で、きょうの夜食でようやくその実力を試すことに。まずは、パスタクッカーに10gの塩を入れ、目標の線まで沸騰したお湯を入れます。しかしここで大誤算が。やかん1回のお湯では、その目標線まで届かない!急遽もう一度お湯を沸かしました。あとで説明書を見返したら、お湯の量は2リットルとのこと。
b0000480_283838.jpg

そして次は、ガイドに従って、パスタを入れていきます。網の目は、1.6ミリ~1.9ミリのパスタ用で、1.5ミリ以下は使用しないようです。説明書には、茹でられるパスタは1.9ミリまで、とありますが、網の目に入っているパスタを見る限り、2ミリちょっとは大丈夫そう。1回で2人前200gのパスタを作れるそうです。1人なので、その半分くらいが埋まっています。
b0000480_284118.jpg

で、入れ終わったらフタをして、茹で時間+3分待ちます。その間にパスタにからめる具を作っておきましょう。
b0000480_284361.jpg

今回は、1.9ミリの麺だったので、12分+3分の15分。フタを開けると麺が下に沈んでいます。
b0000480_284756.jpg

よーく見ると、容器の底に、輪のようにパスタが沈んでいますね。
b0000480_2153717.jpg

で、ザルにあけます。鍋で茹でたのと同じ出来上がりだ。
b0000480_2154061.jpg

最後にフライパンで具と合わせて完成。豚肉、小松菜、アスパラ、茄子、山芋のペペロンチーノもどきです。
b0000480_2154317.jpg

もう少し茹で時間は少なくても良かったかな?と思いつつも、十分な仕上がりでした。何より鍋でずっとお湯を沸かし続けなければならない熱量を考えると、このパスタクッカーは、最初にお湯を沸かすだけでいいので、省エネにもなりますね。
[PR]
by hidemite | 2013-03-10 02:21 | 料理ネタ
【新鮮】 ホタルイカ
 ことしもホタルイカの季節がやってきました。産地直送の新モノとのことですが、旬の時期を考えると、若干早い気もしなくもないですが、まあそこは考えずに美味しく頂きます。昔は酢味噌で食べることが殆どですが、新鮮なものは醤油のほうが美味しい気がしています。
b0000480_21715100.jpg

[PR]
by hidemite | 2013-03-01 22:09 | 料理ネタ
【緑】 ピーマンのサラダ
 最近個人的にハマっているのが、ピーマンを千切りにして、オクラや納豆と合わせ、白だしをひとかけして食べるピーマンのサラダ。子どもの頃はピーマンが大嫌いでしたが、まさか、味付けしているとはいえ生で「美味しく」食べられるようになるなんて思いもしませんでした。ただ、ピーマンは肉詰めにできるような、固くてハリのあるもの限定です。小さいものでもいいけど、安売りの萎びているのはパス。あとはトマトが食えるようになればなぁ。

b0000480_1382632.jpg

[PR]
by hidemite | 2012-10-19 13:12 | 料理ネタ
【炒】 もやし長持ち
 野菜が高い。私が一人暮らしを始めた10年前に比べて、モノによっては2倍ほどの価格に跳ね上がっている。最近は特に高騰が続いているというのもあるが、それでも昔に比べると、水準が上がっている気がするのだ。だから昔の感覚で食材を買おうものなら、一瞬で千円札を失ってしまい、自炊が決して安いものではないと思い知らされてしまう。栄養バランスを考えなければ、牛丼が最もコストパフォーマンスの高い食べ物、という時代が相変わらず続いている。

 そうしたなかで、変わらぬ値段をなんとか保ち続けているのがもやしである。ただ、もやしは1回で使うには量が多すぎるし、私のなかでは長持ちしない食材、というイメージが強かった。ところが、タッパーに入れて冷蔵庫に入れておいたら5日も保存できたのだ。腐らず、食感もそのまま。後でネットで見たら、水を張った容器に入れて、こまめに水を替えるといい、という話が良く書いてあったが、別に水を張らなくても大丈夫だった。タッパーに入れる前に30秒ほど水に浸して、よく水を切って入れたのが功を奏したのかもしれない。

 とはいえ、野菜室ではなく、冷蔵庫に入れる、というのがひとつのポイントのようです。お湯の中にぶち込む前提なら、冷凍保存でもいいんですけど、自分自身それがあまりすきじゃないしなー。
[PR]
by hidemite | 2012-04-12 00:55 | 料理ネタ
【大量】 ほうれん草
 ほうれん草が一束98円になると、ついつい2束買って、湯がいて冷凍保存してしまう。

 大きな鍋を使っても、最初は入り切らないので、畑のような風景になります。

 湯がいたほうれん草は、2~3束にとりわけ、7~8センチの長さに切って、ラップで包む。

 こうすると、野菜がないときや、切るのが面倒な時に、役立ちます。炒めには使えないけど。

b0000480_1461030.jpg

[PR]
by hidemite | 2012-01-25 14:09 | 料理ネタ
【冷凍食品】 太麺堂々
 最近の気になるCMで上位にくる日清食品の「太麺堂々」ですが、冷凍食品でも売られており、たまたま半額セールをやっていたので、試しにと購入しました。
b0000480_11394575.jpg

 で、最近のチルド食品や冷凍食品で、もはやスタンダードとなっている「レンジでチン」して茹で上げが可能な便利さになっています。勿論袋ごと湯に入れる従来のやり方も可能。
b0000480_11395437.jpg

 袋から中身を取り出すと、クーリッシュのような硬さの液体味噌袋と、麺の袋の2点が確認できます。このうち液体のほうはお湯で温めたほうがいいとのこと。なんだ、結局お湯、いるんじゃん。とはいえ、麺だけでもレンジで出来ると、だいぶ楽はできます。
b0000480_1140093.jpg

 で、麺を皿に盛りつけたものが、こちら。
b0000480_1140543.jpg

 肝心の味はというと、まあまあ。つけ麺だからスープは濃い目ですが、六厘舎のつけ麺を食べたことがある人にとっては、ちょっと物足りない感じ。太麺堂々の定価は1袋300円で、六厘舎のは800円。だったら折角なら六厘舎の食うかなー、といったところでしょうか。
[PR]
by hidemite | 2011-11-16 12:19 | 料理ネタ