【憧れ】 となりの・・・
 例の日をピークに徐々に過ごしやすくなってきておりますが、皆さん如何お過ごしでしょうか。このまま気温が下がり続けるようなことが仮にあったとするならば、今年の夏は永遠にエアコンをつけることは無いでしょう。などとちょっと意地を張ったりしてみるが、結局はさしてそう暑くもない日にころっとつけてしまうものなんだろうなぁ。先週の日曜日は半日海に繰り出しており、その後バスケという半ば健康優良児的な生活を送っていましたが、そのときに出来た日焼けが今まさにようやく取れかけようとしております。

 ようやく先週あたりから仕事が落ち着きだし、なんとか自分の家の近くのスーパーが空いている時間に帰れるようになってきたのだが、それでも閉店間際の滑り込みの日も多く、ついつい半額になっている牛肉なんぞを見つけたりするとおもむろに手を取りレジへ向かってしまうという、エンゲル係数増量中で貯金も一向に貯まる気配がない「魔の時間帯」に帰る事が多い。今日も花の金曜日だからだろうか、夜8時半を回って会社に残っていた同部署の人間は私ともう一人しかいなかった。当社比0.25倍である。流石に仕事をしている自分が馬鹿らしくなってきて仕事を放棄する形で家路へと急いだわけだが、家に着くや否やテレビの電源をおもむろにつけると、そこには壮大なファンタジー映画があった。日本人で知らない人はいないと言って良い位の有名監督宮崎駿作品「となりのトトロ」である。

 もう既に10時だったのでまっくろくろすけ登場シーンは見逃したものの、残りの一時間はつい魅入ってしまい、いつもならシャワーを浴びてご飯の用意まで出来る時間をすべてそれに費やしてしまった。いやー、何度見ても面白いよね。しかし大人になって改めて観ると、細かい所で横槍が入り、子供のときに感じていたあのドキドキ感は殆ど無くなってしまっているのだ。これが非常に自分をげんなりさせてしまう。そんな事御前気にすんな、黙ってドキドキしてりゃあいいんだよ。ってな感じで怒られそうな横槍は以下。

・隣にあんな巨大生物が来たら逃げるだろ、普通。好奇心ありすぎだよ。
・お父さん、あんなにガリガリ&ガリ勉っぽく見えるのに、チカラあるんだな。結構な体力の持ち主でも両腕に子供は結構堪えるはずだ。
・ヤツが畑の周りを跳んでるのに、何故地響きが起きないんだ。
・てか、あんな速度で飛んだら人間は息できねーだろ、普通。
・カンタの三角漕ぎは異常だろ、あの自転車でかすぎねーか。
・ああ、サツキとメイって、どっちも5月のことじゃないか。

 しかし、なんだかんだいっても、大人であっても、あのふかふか(そう)なお腹にはぜひしがみついてみたいし、ネコバスに乗って全国を旅してみたいって気持ちは持ちつづけているもんだ。でも、「一生に一回だけ、貴方の願い事を叶える事が出来ます。」という問いに対して、「じゃあ、その願い事100に増やしてください。」と答えてしまうような私には到底そんな夢など夢のままで終わっていくに違いない。所詮目の前に金の斧があったら素直にそれが欲しいと叫んでしまいますよ、ええ。

 何にせよ、子供の頃にこの映画を見れた私はきっと幸せなのだろう。だたら、将来子供が出来た時には是非ともこの映画を見せてあげたいと、3度も蚊を捕まえるのに失敗しながら不安な気持ちで寝床に着く今日この頃。
[PR]
by hidemite | 2004-07-24 02:16 | 日々思考
<< 【学生】 そういえば既に夏休み 【猛暑】 体温よりアツイ夏 >>