【通勤】 白金高輪の憂鬱
 今週もようやく金曜日となり、カレンダー出勤の私にとっては今日さえ乗り越えればという気持ちでだらだらと仕事をしておりました。やはりゴールデンウィークの次の週ということでなかなか仕事に気合が入らなかったりして、この1週間結構長かったなあと思いながら過ごしている今日この頃、皆さん如何お過ごしでしょうか。来週は営業のレクレーションというものがあって、会社の雰囲気も若干ゆるくなっている感があり、私の行動もあんまり問題視されていないようで何よりです。

 私が普段通勤に使っている路線は目黒線と南北線なんですが、目黒線は南北線・三田線と相互に直通しているもんですから、同じホームに様々な行き先の電車が登場します。次の電車は南北線行き、その次は三田線行きというように、ほぼ交互に現れます。
 目黒から先の2駅目、白金高輪駅で南北線と三田線はそれぞれの道を歩むことになるのですが、そのまま電車を走らせてしまうと目黒線~白金高輪間は2倍電車が走ることになってしまうので、白金高輪始発という技を使って、南北線が来た時は三田線が始発電車、三田線が来た時は南北線が始発電車というように、単純ではあるが結構わかりづらい体系になっています。山手線も止まるターミナル駅の目黒は両方の電車が走る区間なので、必ず「2駅先の白金高輪で接続しますよ」とアナウンスするんですが、初めてこの地に訪れたのだろう人はこのアナウンスを聞いてもいまいちぱっとしない感じで、次の電車を待っている光景を良く見かけます。まあ、開通当初に比べたら減ったと思います。
 まあ、そんなことはどうでも良くて、一番困るのが「通勤時間帯以外の接続が悪いこと」。朝は15分で着いてしまうのですが、帰りは運が悪いのか下手すると20分以上かかってしまうという毎日を送っているんです。始発があるということは、当然白金高輪どまりという電車もあるわけで、その電車に乗ってしまうと接続駅の白金高輪で5分くらい待たされることもしばしば。それもそのはず、8時過ぎには南北線は10分間隔になるのに対して、目黒線は7分間隔。白金高輪駅で時間調整を余儀なくされるため、悲しい結果になるわけです。このほか目黒線から乗った時、たまに接続しない電車があったりして、結局1本遅い電車と同じ電車になってしまうこともあったりすると悲しさ最高潮。そんな不条理の中通勤生活を送っております。まあ、実家にいた頃に比べれば贅沢な悩みなのかもしれないですけど。

 そんな感じなんで、そのうちスムーズ乗換え時刻表でも作ってやろうかと思っているんですけど、なかなか気力がわかなかったりして、結局がっかりする日が続いている毎日だったりします。ま、南北線が7分おきになれば文句無いんですけど、利用状況から考えると難しいんでしょうね…
[PR]
by hidemite | 2005-05-13 19:06 | 取り急ぎ愚痴
<< 【点軸】 行うは難し 【報道】 それでもテレビを見てしまう >>