【漫画】 リアル
 まもなく14巻が発売されるであろう漫画「リアル」の13巻を、今更ながら読んだ。

 両足の感覚を失ったプロレスラー、スコーピオン白鳥の復活劇に、途中から涙してしまった。

 彼の両足がままならない状態で、あそこまでの試合運びを組み立てられる。

 これまでのなかで、飛び抜けて感動したエピソードだった。

 こんなに感動した漫画は、いつ以来だろうか。

 改めて、井上雄彦という漫画家の凄さを思い知らされた。

 不定期連載だから、雑誌を読むという感じにもなれないし、

 気をつけていないと、単行本がいつ出ているのかも忘れてしまう。

 バガボンドも面白いけど、それよりも、こっちのほうを週刊連載して欲しいなぁ。
[PR]
by hidemite | 2014-10-28 03:43 | 日常
<< 【出汁】 小鯵のにぼし 【道路】 開通が決まった道路、... >>