【道路】 開通が決まった道路、延期が決まった道路
 先月末、首都高環状2号線の品川線、大井JCT~大橋JCTの開通が来年3月に決まったと発表があった。当初はことしの3月には開通する見込みだったが、地下を掘っている途中に水が出て大変だったとか何とか。とはいえ、ついに半年以内に開通するのだ。もちろん大きな渋滞解消効果があると思われるが、新しい道路ができる、というだけでなんだかワクワクしてしまう。ネーミングに失敗したと思われる新虎通り、もといマッカーサー道路も、開通した直後に通ったが、こんなに新橋が近くなったのかと、感動してしまった。

 一方で、東名高速横浜町田インター付近の町田立体は、同じ来年3月の開通予定だったのが、もう1年延期されることになった。工事中の渋滞を避けるため、これまでの想定よりも工事の時間を縮めて長くやることにしたらしい。こちらは246に架かる大きな橋が未だにかかっていない時点で、今年度中の完成は本当かいなと思っていたが、やっぱり延期されることに。何年も待たされていただけに、ようやくことしできるのか、いや、できるのか?と期待半分疑念半分だったが、結局期待はボッキリと裏切られてしまった。道路を造るって、大変なんだなぁ。
[PR]
by hidemite | 2014-10-07 14:18 | 日常
<< 【漫画】 リアル 【またまた九州】最終日 霧島温... >>