【北海道】 2日目 長万部に憧れて
 朝起きてカーテンを開けるとさんさんと輝く太陽が…というわけにはいかず、台風の影響がまだ残っており、多少の風と雨が始まったばかりの旅を悲しく彩ります。しかし強風とまではいかないようで、どうやら列車は動いている様子、なんとか次の目的地までは辿り着けそうです。ということで朝食を食べ、風呂に入り、ロビーを通って部屋に戻ろうとしたら、なんとロビーで餅搗き大会が開催されているではありませんか。見学者全員がそれぞれ旅館のスタッフに杵を渡され、見様見真似で餅を搗いていき、最後には抹茶きな粉を塗して皆で戴きました。

 その後バスに乗り登別駅を目指します。一瞬、バスが室蘭港行きだったので、このままバスに乗っていけばいいんじゃないかと思い駅探で調べたらバスが30円安かったのですが、それぐらいならばと不確定要素のあるバスはやめておきました。今日は登別と函館の中間地点長万部付近に宿泊と、それ以外の予定は決めていないのですが、逆に見所を全く調べていなかったため、とりあえず普通列車がいいタイミングでやってきたので、東室蘭行きに乗りました。東室蘭は函館方面と室蘭方面に分かれる乗り換え駅となっており、数分待つと室蘭行きがやって来たので、結局室蘭へ。まあ、室蘭で美味しい昼飯でも食えるかな。
 室蘭駅はちょっと前に建て直され綺麗になっていましたが、駅前はただ広大な交通広場があるだけで、何の賑わいもありません。7割方想像はついていましたが、やはりこの駅周辺にはなにもなさそうです。港は近くにもありましたが、美味しいものがありそうな市場には、歩いて行くにはちと厳しい距離。1時間しかないので、散歩することにしました。とりあえず、5分ほど歩いたところにある旧室蘭駅を見学。旧駅舎の面影は外見だけで、がらんとした中に申し訳程度に観光案内所がありました。きっと改札の駅係員室の部分だなと位置的にはわかりましたが、ちょっと悲しいですね。
 その後室蘭八幡宮を発見し、ちょっぴりキツイ階段を昇ってお参り。残り2日間が楽しく過ごせますように。残念だったのは、ひらけていればここからの景色もきっと良かったんだろうな、と思わせる高台の場所。目の前の白樺?がない場所をちょっと作れば、歩いて何時間もかかる山の頂上に行かずとも室蘭が一望できる隠れた名所になったでしょうに。帰りは別のルートで室蘭駅へ向かいましたが、シャッター商店街に出くわしました。街の半分は元気に営業するも、その端にあるプリンスホテルも泣いちゃうくらいの淋しさ。郵便局だけが綺麗かつ巨大で、なんか異様な感じです。
 んで結局、東室蘭駅に戻り、昼飯の旅に出かけます。とはいえ完全に地元民商売のため、美味しそうなディスプレイがみつからない。そうこうしているうちに次に乗る列車の時間は刻一刻とせまり、最終的にはセブンイレブンのおにぎりと駅弁にしました。駅前に北海道ではお馴染みの白い鯛焼きの販売所があったので、白と抹茶を1つづつ購入。
 駅のキオスクには、室蘭線?の駅名からとった母恋(ぼこい)弁当が販売されていましたが、980円で中身がわからないのは嫌だったので、となりの小さい釜飯弁当400円にしました。この釜飯弁当が、意外と美味しくおかずが満点。ま、鮭の薄さには多少ビックリしましたが、ホタテも味が染みていて、もっと駅弁がんばれんじゃーんと思える値段とのバランス具合でした。おにぎりも北海道限定版があるみたい。そういや昨日、登別のセブンでは熊のパッケージのガラナや地ビールが売られていたのを思い出しました。鯛焼きは案外微妙。見た目、味も、もちっとした歯ごたえも悪くないのですが、一部餡のはまりがよろしくない部分がありました。

 列車は長万部に着きましたが、ここで最後の難関が。今日目指す美利河(ピリカ)温泉行きのバスまで、およそ2時間の空きが生じます。駅前には時間を潰せる場所もなく、このままだと駅の待合室で行き交う人々を見ているだけになってしまう。その結果、2時間くらい歩いてみようという結論に達し、鉄道と平行して走る国道をただひたすら歩きました。この様子は後日写真で載せようと思います。ま、一言で言うと「蟹に笑い、蟹に泣いた街、長万部」てな感じでしょうか。結局列車の一駅ぶん歩いたところでギブアップ。後はバスに乗り、クアプラザピリカと行き先を告げ、宿へ。

 宿は健康ランドに宿泊所があるといった感じですかね。夕飯はラムの陶板焼きやボラボラ?という鮭のハラス焼きなどなど、ある意味北海道の幸を楽しみ、宿に似合わずそこそこ美味しい食事でした。風呂は透明、なかは若干塩素消毒の匂いがしますが、露天しか使わない私にはあまり関係ありません。あとはゆっくり浸かって、明日の晴れを祈ります。
 函館山の夜景を撮りたいから晴れてほしいのですが、どうやら雨にまた出番がまわってきているようです。もう、君の出番は十分だよと、北海道の全道民が願っているのに、何てKYな奴なんだろうか。
[PR]
by hidemite | 2009-10-09 23:20 | 2009の旅行
<< 【北海道】 3日目 函館山に死す 【北海道】 1日目 登別温泉へ >>